女性にとってとてもデリケートな部分であるまんこ(陰部)、この部分の嫌なにおいが出ていますとやっぱり恥ずかしいものですし、あまりに臭いと気になってしょうがないものですよね。

そんなデリケートな部分について、まんこ(陰部)に発生しやすいニオイの原因や効果のある対策商品について紹介したいと思います。

まんこ(陰部)の臭いのおすすめ対策商品

クリームタイプ

デリケートゾーンのニオイの原因は、ワキの場合と同様、汗と雑菌です。

皮膚の表面に棲みついている雑菌(原因菌であるコリネバクテリウム属など)が、デリケートゾーンのアポクリン汗腺から出る汗(たんぱく質や糖分・脂質などを含む)を栄養分として増殖します。

このときに発生するのが、あの嫌なニオイなのです。

さらにデリケートゾーンは下着などで湿気がこもる分、雑菌も増殖しやすくニオイが強くなる傾向にあります。

また、皮脂腺から出る皮脂もいっそうこのニオイを強烈なものにするのです。

つまり、ニオイ対策としては、汗を抑え、雑菌を殺菌することが大切だといえます。

デオドラント商品としては、スプレータイプ、ロールオンタイプ、シートタイプ、スティックタイプ、クリームタイプなどがあります。

まんこ(陰部)の臭い対策には、制汗や殺菌の作用が比較的強く、効果も持続し、ソフトに塗ることができるクリームタイプがベストといえます。







クリームタイプのおすすめ

  1. クリアネオ

    多くの雑誌やメディアで、今、話題になっている「クリアネオ」。

    モンドセレクション(2017)銀賞受賞し、利用者の97%の人が満足しているニオイ対策用のデオドラント商品です。

    この「クリアネオ」をワキのニオイ対策として使っている人が多いようですが、ワキだけではありません。

    デリケートゾーンのニオイ対策としても効果が十分に期待できるのです。

    クリアネオには、ニオイ対策として効果が期待できる2つの主成分が配合されています。

    その一つが、パラフェノールスルホン酸。

    この成分は、ニオイの原因の一つである発汗を抑える働きのある成分で、これでニオイの原因の一つをブロックします。

    さらに配合されている成分が、イソプロピルメチルフェノールです。

    これは殺菌の働きがある成分で、その殺菌力は検査で99.999%と実証済み。

    これでニオイの元の雑菌を徹底殺菌するのです。

    そのほか、消臭の働きがある柿渋エキスや抑臭制汗のための7種類の天然植物エキスも配合。

    もちろん、パラベンや石油系界面活性剤、鉱物油・香料などはフリーで、アレルギーテストなどもクリアしていますので、安心して使うことができます。





    専用ソープ

    まんこ(陰部)の臭いの対策には、いくつかの方法がありますが、簡単に出来て効果的と言われているのがまんこ(陰部)専用ソープによる対策方法です。

    その理由としては次の点があげられます。

    一つ目は、まんこ(陰部)の臭い原因は、生理の経血や尿、垢、汗などの汚れ、ムレなどが原因です。

    これらに対処するには、毎日、まんこ(陰部)を清潔に保つことがとても大切です。

    まんこ(陰部)は体のどの部分よりも汚れが溜まりやすい部位ですので、しっかりときれいに洗浄して常に清潔に保つことがまんこ(陰部)の臭いを抑えるには最も有効です。

    そこで有効なのがまんこ(陰部)専用ソープです。

    まんこ(陰部)の汚れをしっかりと洗い落とす成分が配合されているので、きれいに保つことができます。

    二つ目としては、肌を傷つけずやさしく洗うことができるということです。

    通常のボディソープでまんこ(陰部)を洗っている方は、是非まんこ(陰部)専用ソープでの洗浄をお勧めします。

    もしボディソープで洗っている方がいるなら、これはとっても危険なことです。

    まんこ(陰部)のお肌は、体の他の部分よりも敏感で弱いので、ボディソープに含まれている強い洗浄成分で洗い続けていると、まんこ(陰部)を刺激して、肌を傷つけてします。

    強い成分で刺激を受けたまんこ(陰部)のお肌は皮脂分泌を活発化させ、これがまんこ(陰部)の臭いを酷くすることに繋がります。

    三つ目としては、肌の保湿をすることです。

    まんこ(陰部)の臭いは、肌の乾燥によっても起こります。

    そのため、洗浄後は保湿もとても大切です。

    まんこ(陰部)専用ソープなら、保湿効果の成分やお肌を整える成分も同時に配合されているので、まんこ(陰部)の良い状態をキープすることができます。







    専用ソープのおすすめ

    1. クリアネオパール

      デリケートゾーンは下着による摩擦や、カミソリなどでの自己処理などを繰り返す事により黒ずんでしまう事があります。

      クリアネオパールというボディソープを使えば、黒ずみを改善する事が出来ます。

      黒ずみだけでなく、においも改善してくれるのでお勧めです。

      クリアネオパールの洗浄成分は、カリ石鹸素地やラウロイルアスパラギン酸Naなどを使用しています。

      これにプラスしてコメヌカエキスやハトムギ種子エキスなどの植物成分も配合しています。

      これらの相乗効果によって効果を高める事が出来ます。

      パラベンや石油系界面活性剤などを使用していませんので、肌が敏感な人も安心して使えます。

      値段は1本3480円に送料と代引き手数料がかかりますが、1回で解約できる定期便で頼めば、値段が2980円になりますのでお得です。





      ジェルタイプ

      まんこが臭いが気になるからと、こまめにボディソープで洗っても中々臭いを改善することはできません。

      陰部の臭いというのは、雑菌が繁殖してしまうことに原因があります。

      ですがそれは一般的なボディソープで洗い流すことは出来ません。

      洗浄力が強すぎるため、必要以上に菌が洗い流されてしまいます。

      洗いすぎることで必要な菌まで落としてしまうと、炎症のような肌荒れを起こしたりオリモノなどの陰部がさらに臭う原因を招いてしまいます。

      臭いに悩まされるだけではなく、間違ったケアを続けることで膣炎など別の症状を招いてしまいます。

      どうして洗いすぎると臭いが余計に気になるのでしょうか。

      健康な人の膣分泌液は、通常は酸性に保たれているものです。

      酸性であることで膣内には細菌や雑菌が侵入できず、繁殖を防ぐことが出来ているのです。

      洗いすぎて膣内のphバランスが崩れてしまえば、臭いの原因になる雑菌が繁殖してしまいます。

      ですからいつまで経っても臭いは改善しないのです。

      臭い自体を改善するには、正しいケア方法が必要です。

      デリケートゾーン用の石けんも販売していますが、あくまでも肌表面を洗うだけのものです。

      陰部の汚れを落として、必要な菌を保ちながら雑菌を洗い流します。ですがすでに膣内部のphバランスが乱れている状態では、専用の石けんで洗うのも不安があります。

      膣内が荒れていても、デリケートゾーン用の石けんで膣内を洗ったり、自浄作用を回復させることは洗剤ではできません。

      膣の自浄作用を弱めずに清潔に保つためには、膣内を洗えるジェルでの洗浄が効果的なのです。

      ジェルタイプのおすすめ

      1. インクリア

        インクリアは陰部の臭いが気になる女性のための「膣洗浄器」です。

        膣洗浄器は色々ありますがインクリアは一回使いきりタイプの個包装の洗浄器なので、手間なく衛生的に使うことができます。

        使い方も簡単で、インクリアを使用して膣内にジェルを注入したあとはそのまま洗い流さずにおくだけです。

        乳酸配合のジェルは洗剤ではなく、人体に害がなく口に入っても安全な成分で作られています。

        洗剤できれいにするというわけではなく、ジェルの成分によって膣内の自浄作用をサポートしてくれます。

        ジェルに配合されている乳酸が自然に膣内のphを酸性にすることで、雑菌が侵入したり繁殖するのを防ぎます。

        ジェルの力で酸性にすることで、気になる陰部の臭いや不快なおりものを改善してくれるのです。

        薬ではありませんので、使用頻度や使用タイミングを気にすることはありません。

        女性はホルモンバランスの乱れなどからも、デリケートゾーンのコンディションが悪化します。

        そんな時にも手軽に家庭で膣洗浄をすることができるのがインクリアです。




        スプレータイプ

        女性の陰部のニオイに、今どきはスプレーで対策を考える人が増えています。

        それに伴い、企業もニーズに応じた商品開発を行っています。

        今までは下着を通気性の良い物にする、生活の見直し、シャワーなどとさまざまな対策をしてきた方もいる中で、なぜ今はスプレーでの対策を考える人が増えるのでしょうかか。

        それは、便利さと気軽さの2点が大きいです。

        まず便利さとして、スプレーであればシュッと吹きかけるだけという簡単な作業のみなので、時間がなくても押すだけでニオイの対策ができのであれば、それはすごく便利です。

        また、液体はこぼれてしまうこともあるが、スプレーであれば誤って吹きかけてしまうことは少ないです。

        そのため、バッグに入れての持ち運びがその他のものと比べると楽になるので、スプレーは便利。

        2点目としてあげる気軽さが、シュッとするだけなので使ってみようという意識が働きます。

        フタを開けて、中身を出してなどの段階をふむよりも、出してシュだけでいいのであれば、わずらわしいという考えは働かないです。

        そして、スプレーは乾燥しやすいことが多いので他のものが濡れない、汚れないなどの点も気軽さにつながります。

        まんこ(陰部)のニオイはいつ、どこで気になるかわからないので、自分で分からなくても、周りの人はもしかしたら気にしているかもしれないし、自分もずっと気にして日々を過ごすのはストレスになってしまうことがあります。

        そういった生活や環境から離れるために、便利で気軽に使うことのできるスプレーでのニオイ対策が効果的です。

        スプレータイプのおすすめ

        1. イビサデオドラント

          スプレータイプで人気なのが、イビサデオドラントです。

          この商品は今注目のスプレータイプのニオイ対策品で、女性に人気のさまざまな雑誌にも紹介され、注目を集めています。

          また、雑誌掲載だけでなく実際のデリケートゾーン専門サロンで働く人からも高い評価を得ています。
           
          ニオイの元は菌によるもですが、その菌をストップ、ブロックさせるという商品はたくさんあります。

          その中で、このイビサデオドラントは2つの薬用成分と6つのジャウム成分を配合し、陰部のニオイ対策に一役買っています。

          企業のこだわりを強く持ち、配合している成分を考えに考えて作ったもので、多くのデオドラント製品は、使える場所が決まっているものが多いですが、この商品は陰部だけでなくワキやバストトップなどの部位にも使えます。

          デザインもデオドラント製品とはわからないので、そのため、密かに陰部のニオイ対策をすることができるのでおすすめです。



          まんこ(陰部)が臭い原因

          おりものが原因

          まんこ(陰部)はおりものというものが出来上がったりする部分であり、それが原因で臭いが出る危険性があります。

          おりもの自体がそもそも臭いを発生させるものであります。

          本来の役割としては外から細菌が入り込まないために分泌されるものですが、基本的に酸性の性質をもっているものです。

          そして、おりもというのは成分の多くの要素は乳酸でてきており、それに加え、汗などの物質が混じっていますので、多少酸っぱいような臭いがするのがそもそもの性質です。

          そんなおりものに関してどうして臭いが強くなるのかというとやはり織物の量が増えることにあります。

          おりものが増える原因は色々ありますが、ほとんどは生理周期(月経周期)やホルモンバランスによって量が変化することが原因です。

          おりものが増える時期というのは排卵日前後付近が最も多く、この辺りの時期になると女性は妊娠をしやすくするために精子を受け入れやすくするように体を変化させます。

          その時に、受け入れをよくするためにサラサラのおりものを多く分泌するのです。

          おりものだけに関して言えば、そこまで大きな対策を取る必要はありません。

          そもそもおりもの自体はそこまで臭いがきついものというわけではありません。

          生理などによって出る臭いや、後で紹介するマンカスのように皮脂などの更にいろいろなものが混じったものになってくると臭いがより厳しくはなってきますが、基本的には少し丁寧に洗う程度でも臭いに関してはそこまで大きな影響はありません。

          逆に下手に洗浄をすることによって膣内などの状況が変化してしまって、常在菌が中のほうに入ってしまったり酸性やアルカリ性の状況が変化することで余計なにおいが出るようになってしまう危険もあります。

          乾燥が原因

          また、まんこ(陰部)という部分は非常に肌もデリケートな部分ですから、お肌がもろく感想もしやすい部分であります。

          乾燥しやすいということは他の肌の部分同様、肌の保湿を守るために皮脂から脂分をより出すことになりますが、その皮脂というのは肌が乾燥すると過剰に分泌をしやすいもので、皮脂が多く出るということはそれだけ菌のえさになりやすいものが肌から出てきてしまうというわけです。

          そういった状況ができることによって、菌が臭いを出す状況ができてしまっていることにより、臭いが出てしまうというようなことになるのです。

          しかも、こういった状況を治そうとするあまり、まんこ(陰部)の部分をしっかりと洗おうとするとより環境が悪化する危険性があります。

          これもほかの肌の部分でも同じようなことになるのですが、しっかりと洗ってしまいすぎますと必要な皮脂まで肌の上からなくなってしまいます。

          そうなると、より体は保湿機能を維持しようとして皮脂を多く出してしまうというようなことを繰り返し行います。

          そうなってくるといくら洗っても菌が繁殖しやすい状況をどんどん作ってしまっていますので、臭いが消えない環境が出来上がってしまうのです。

          こうなると、その他にも肌のかぶれや織物の増加などの悪影響が出来上がってしまうわけなのです。

          そういった環境を治すためには、やはりちゃんとした洗い方と保湿が必要です。

          必要以上に洗わないようにしっかりとケアをすることと、洗った後には保湿成分をしっかりとデリケートゾーンにぬっておくことによってこれを防ぎます。

          また、それと同時に常在菌の繁殖を抑えるような薬品を塗っておくことによって乾燥による肌の臭いの防止をすることは可能であるといえます。

          マンカスが原因

          マンカスというのは、先に書いたおりもに汗や皮脂などといった物質が混ざったものであり、粘土のように粘りけが強いものを指します。

          恥垢(ちこう)と一般的にいわれるものであり、元々がおりものもまじっていますので、おりものに非常に似ていますがおりものに比べると皮脂の影響によって水分が出にくくなっていますから、なかなかかわかずジメジメしやすいのが特徴です。

          マンカスはまんこのビラビラした部分には溜まりやすい性質を持っています。

          ビラビラの部分ですと、なかなか強く洗いたくても洗いにくい部分ですし、ビラビラがつながっている部分はなかなか洗いにくい部分ですのでしっかり取ったつもりでも、薄く付着していたり、うまく取れていないこともあるのでなかなかとるのが難しいです。

          また、おりものと違ってより臭いがきつくなる原因としては、乾燥しにくい性質を持っているということです。

          乾きにくく、湿度を保ってしまうというのがというのは菌が繁殖しやすい部分でもあるといえます。

          しかもマンカスは、汗や皮脂も多く菌のえさになるようなものを非常にそろっています。

          そういったところは菌が非常に繁殖しやすいため余計に臭いがきつくなるというわけです。

          こういった部分には、デリケートゾーン専用のものを使って余計な皮脂と汚れをしっかりと落せるようなものを使っておくと普段よりもより効果的核、傷つけずに洗うことは可能です。

          また、あまりじめじめしているようなことがないようになるべく水分を良くふき取ってから服を着るようにしていくといいでしょう。

          場合によっては、アンダーヘアをしっかりと処理をして、より菌が繁殖しにくいような環境を整えることがいいことでしょう。

          汗が原因

          一部の女性の方々は、まんこ(陰部)から悪臭が発せられています。

          本人としても、そのまんこ(陰部)の臭いが気になっている事も多いですが、悪臭には理由があるのです。
          その1つが汗です。

          本来人間の汗は、エクリン腺と呼ばれる箇所から放出されています。

          ですがその他にも、アポクリン腺という箇所からも汗が出ています。

          すなわち2ヶ所から汗が放出される訳ですが、人によってその割合が異なるのです。

          中には、アポクリン腺の割合が多い方々もいます。

          それでアポクリン腺から放出される汗は、やや臭いが強くなる傾向はあります。

          雑菌類が関わってくるからです。

          よく誤解されますが、汗自体は特に強い臭いがある訳でもありません。

          汗周辺で繁殖する雑菌類なのです。

          たまにテレビ番組などで、悪玉菌と表現されている事もあります。

          悪玉菌は、悪臭を放出する性質があるのです。

          それでアポクリン腺から放出される汗の場合は、悪玉菌がやや繁殖しやすい性質があります。

          少なくともエクリン腺と比べると、悪玉菌が多くなりがちです。

          このためアポクリン腺の比率が多い方々の場合は、どうしても汗の臭いも強くなる傾向はあります。

          いわゆるワキガの方々は、その腺の割合が多いので、独自の悪臭が発せられている訳です。

          アポクリン腺が多いと陰部からの臭いも強くなる

          それで冒頭でも触れた通り、女性のまんこ(陰部)からは悪臭が生じている事もあるのです。

          それには、上記の汗が間接的に関わっている事はあります。

          一部の女性の方々は、ややアポクリン腺の割合が多いです。ですからまんこ(陰部)周辺で悪玉菌が多くなり、臭いの程度も強くなる訳です。

          ですからすそわきがの方々などは、やや臭いも強くなりやすいです。

          すそわきがが原因

          まんこ(陰部)から臭いは、すそわきがが原因になっている事はあります。

          すそわきがの方々は、汗の成分が独特なのですが、それが菌類と反応してしまうからです。

          すそわきがの方々から放出される汗は、脂肪酸と大きな関係があります。

          すそわきがの汗は、主にアポクリン腺という箇所から放出されるのです。

          一般的なエクリン腺ではありません。

          それと上記の脂肪酸という物質は、主に皮脂腺という箇所から放出されます。

          そしてすそわきがの方々が放出する汗は、その脂肪酸とミックスする事も多いです。

          汗の周辺には、様々な雑菌類が生息しています。目では確認できませんが、確かに雑菌類が存在するのです。

          それで雑菌類は、上述の脂肪酸に反応する性質があります。菌が脂肪酸を分解するよう働きかけてしまうのです。

          すそわきがでない方々の場合は、このような分解は発生しづらいです。

          エクリン腺の汗の中には、雑菌類が分解するような物は、あまり含まれていないからです。

          身の回りの悪臭は、雑菌類と大きな関係があります。

          何か悪い臭いが放出される時には、たいていは雑菌類が原因だからです。

          よく言われる洗濯物の生乾きの悪臭なども、主に雑菌類が原因です。

          洗濯物周辺で、雑菌類が繁殖してしまうからです。

          すそわきがの方々は、その雑菌類が繁殖しやすい汗を放出している訳です。

          悪臭を放出する汗が多くなる訳ですから、必然的に臭いも強くなってしまうのです。

          そしてまんこ(陰部)にも、それが大いに関わってきます。

          すそわきがという症状は、明らかに陰部との関連性があるでしょう。

          ですから、すそわきがは陰部からの悪臭を作り出す一因なのです。

          加齢臭が原因

          陰部から生じる強い臭いは、年齢と大きな関連性はあります。

          年齢が高めな方々は、そこからの臭いが強くなる事は多々あるからです。

          つまり加齢臭が陰部の臭いの一因なのです。

          陰部という箇所は、皮脂腺と密接な関連性があります。

          皮脂腺は、もともと人間の体中にあるのです。

          しかしその数を比較してみますと、各パーツによって違いはあります。

          皮脂腺の数が比較的多いパーツもあれば、その逆もあるからです。

          とりわけまんこ(陰部)は、前者のような傾向があります。数あるパーツの中でも、比較的多くの皮脂腺が密集しているのです。

          加齢臭は、ノネナールという物質と大きな関連性があります。

          若い方々は、その物質はあまり多くあります。

          ノネナールは、酸化反応によって生成されるのです。

          もともと人間の体には、脂肪酸が存在します。

          それ自体はあまり強い臭いはありませんが、時間経過と共に、臭いの質が変わってしまう事も多いのです

          時間が経過しますと、いわゆる酸化反応が発生します。

          その結果、脂肪酸がノネナールという成分に変化してしまう訳です。

          上述の加齢臭は、たいていノネナールが原因です。

          年齢が高まると酸化物の量も多くなるので、臭いも強くなるイメージです。

          脂肪酸という物質は、主に皮脂腺によって作られている訳です。

          ですから皮脂腺が多い箇所は、必然的に加齢臭も強めな傾向があります。

          このためまんこ(陰部)などは、他のパーツと比べると、加齢臭がやや強めなのです。

          そして人によっては、まんこ(陰部)からの臭いの程度が少々強い事もあります。

          上記の加齢臭が、その臭いの原因の1つなのです。

          性病が原因

          まんこ(陰部)の臭いに関しては、性病によって臭いが発生していることが原因になっているケースもあります。

          性病の中で一番感染しやすい原因となっているものとしては、クラミジアやトリコモナス、淋病といったものが挙げられます。

          これらの細菌はSEXやオーラルSEXで普通に感染するもので、感染してしまうとおりものやまんこ(まんこ(陰部))の臭いがかなり生臭くなってしまいます。

          性病に感染すると 、臭いだけではなく血が出てきたり海が出ることや痛みを感じるようなこともあります。

          また、SEXなどをしていないような場合であっても、性病に感染することがあります。

          ストレスや妊娠中、風邪で体調を崩した時にカラダの免疫力が下がったり年齢が上がってきて肌の乾燥や免疫力が低下するようなケースでも、細菌性膣炎やカンジダ膣炎といったものの原因となる菌に感染するようなケースもあります。

          これらもほかの性病と同様に臭いを発生させる原因となります。

          これらの対処法としては、主にコンドームを使ったり仕手性病にかかるリスクを減らすようなことが重要ですし、感染しないように膣の戦場もして清潔にすることも重要です。

          また、万が一ではありますがまんこ(陰部)に臭いなどの異変が急に感じられるようになった場合には、性病の疑いが十分にありますので自力で治そうとするのではなく、専門の医療機関を受診してしっかりとした治療をすることをお勧めします。

          性病を放置しておくと、不妊症などのその他の病気につながるケースがあります。また仮に完治をしたとしても、性病は再発の可能性があるものです。少しでも可能性がある場合は、なるべく早く検査をしましょう。

          食べ物が原因

          わきがのようにまんこ(陰部)の臭いというのも食べ物が原因となるようなものがあったりします。

          食べ物によっては汗のにおいをきつくしてしまう原因物質なるものを多く出してしまって、それがおりものなどと混じってしまうとよりきつい臭いを出してしまいます。

          食べ物で臭いの原因となるものとしては動物性の脂質を多く含む食べ物といったものが挙げられます。

          肉類(特に脂身部分)、油っぽい物、乳製品、卵、ジャンクフードといった脂分が多いものを取りすぎると肌から脂がいっぱい出てくることになってしまいます。

          そうなると、アポクリン線から多く最近のえさになるものが出てくることになってしまいますので刺激の強い香辛料を使う食べ物もよくありません。

          キムチ、激辛料理、エスニック料理などといったからいものが挙げられますが、刺激が強い香辛料は、アポクリン腺を刺激してニオイ成分の生成を促しますのでこういった食べ物も、臭いがきつくなる原因となるのです。

          こういった食事面での臭いを改善するためにはやはり脂質の多い食事や刺激のある食事をなるべく避けることです。

          もちろん、脂質は取らないとかえって健康を悪くする原因ともなりますので、最低限の分は取りつつできれば魚介類を中心に食事を勧めていくことによって、臭いの原因となるものを少しでも取り除いておくようにするといいでしょう。

          また、臭いを抑える食べ物も積極的にとりましょう。緑茶やワインなどのポリフェノールで抗酸化作用を利用したり、梅干し、緑黄色野菜、果物、海藻類、キノコ、大豆、酢などのアルカリ性の食品を取ることで、体内にある酸性物質を中性に作用させるための食品を積極的にとるといいでしょう。

          ストレスが原因

          においの中にはストレスが溜まってくることによる原因も挙げられます。

          そもそもストレスをため込んでしまうと口臭・ワキガなどといった匂いの症状が見られることがありますが、まんこ(陰部)に関してもそういった臭いの原因になることがあるのです。

          実際にオリモノというは、その状態や量を見ることによって女性の体調を計るバロメーターにもなるといわれている物質です。

          オリモノの状態により、体調が良いのか、悪いのかを判断することが出来ます。

          良いオリモノの場合でありますと、少し生臭く、すっぱい臭いというものはしますがこれが通常の状態です。

          この状態であったり半透明の色であるのなら、特に問題はありませんし、気になるような臭いではありませんので、特に問題もありません。

          しかし、ストレスを溜め込んでしまうことによって、ばあいによってはオリモノについても色などに異常がみられることがあります。

          その時の状態というのがオリモノの量が増えていること、オリモノが魚臭い・イカ臭い・チーズ臭いといった通常とは違った臭いを放つことが挙げられます。

          このようなケースになってしまうのはストレスで免疫機能が悪くなってしまって細菌が異常繁殖したために、細菌が増えてオリモノについてもこのような変化が出ているといわれています。

          また、スソワキガ(まんこ(陰部)のワキガ)の人とかですと顕著ですが、ストレスがたまると毛穴にあるアポクリン腺から出る皮脂の量がホルモンバランスの乱れの影響により、汗の量が多くなってしまうこともあります。

          ストレスについてはなかなか取り除くのが難しいでしょうが、できる限りストレスを感じないようにいろいろな発散方法を持っておくといいでしょう。

          体をしっかりと休め、ストレスをなくせばいくらか症状は改善されます。
           

          まんこ(陰部)のニオイが臭くなりやすい特徴

          女性は自分のまんこ(陰部)の臭いには気が付きにくいものですが、だからこそ気にしている方は非常に多くなりますので、まんこ(陰部)が臭くなる理由を知ろうと考える方も大勢いらっしゃいます。

          しかし一般的に知られている原因などは詳しく説明されていないことがほとんどで、また対策などについても説明不足になっているケースが多々見られますので、根本的な対策ができている方は悩んでいる方に比べて少ないです。

          太っているとまんこ(陰部)が臭くなりやすい

          まず太っている女性のまんこ(陰部)が臭くなりやすい理由ですが、これは大きく分けて二つの原因が挙げられ、一つは汗をかきやすい事でもう一つはまんこ(陰部)が蒸れやすいと言う点になります。

          基本的に肥満体型の方は脂肪の厚みにより熱が体内に籠りやすいですし、体が重たい事から少ない運動量でも多くのエネルギーを使いますのでどうしても汗をかきやすくなってしまい、汗をかくことはまんこ(陰部)を臭くしてしまう可能性が高いです。

          と言うのも、そもそもまんこ(陰部)が臭いと言うのはすそわきがの可能性が極めて高く、通常のわきがと同じように汗をかくことで臭いが強くなりますので、日常生活においてもちょっとした動きで汗をかいてしまいやすい肥満体型の方はまんこ(陰部)が臭いやすくなるとされています。

          また肥満体型の方は補正下着など体を締め付ける下着を着用している方が多いのですが、こちらの場合は通気性がカギになっていて、一般的に市販されている補正下着などは通気性はほとんど考慮されていません。

          したがって溜まった汗が乾きにくくなりますし、発生した臭いが外に出にくくなりますので、加速度的に臭いが強く感じられるようになってしまいます。

          なので具体的な対策として挙げられるのは、最も簡単なのは瘦せてしまう事ですが中には難しい方がいますので、ポイントになるのは通気性とされていて主に素材選びが重要です。

          例えば有名な素材になるのはコットン素材で、コットンは吸水性も高いのでまんこ(陰部)の臭い対策としては効果的な素材になりますし、補正下着の場合でもメッシュ素材が多く使われている物を選べばまんこ(陰部)の臭い対策とボディメイクが両立できます。

          わきがだとまんこ(陰部)が臭くなりやすい

          わきがの方のまんこ(陰部)も臭いやすいとされていて、これは上記のようにわきがとすそわきががほぼ同じ物だとされている事が理由となり、基本的にわきがの方はすそわきがである可能性が非常に高いです。

          なぜかというと、わきがもすそわきがも共通してポイントになっているのがアポクリン汗腺で、わきがの方はアポクリン汗腺の数が多いとされています。

          アポクリン汗腺から排出される汗には脂質やたんぱく質が含まれていますので、それを皮膚の常在菌が分解した際に臭いが発生しそれがわきが臭として感じられるので、アポクリン汗腺の数が多い方は必然的に臭いが強くなります。

          この場合の具体的な対策になるのは汗をこまめに拭く事になっていて、脇の下と同じようにデリケートゾーンもこまめに汗を拭き取る事で臭いを抑えることが可能になるので、トイレに行った際などにハンカチやトイレットペーパーでまんこ(陰部)周辺をしっかりと拭いて清潔にしておく事が効果的な対策です。

          また、それと同時にデリケートゾーン専用の石鹸なども有効な手段になるとされていて、市販されているボディソープなどではまんこ(陰部)の臭いが強くなってしまう可能性がありますので、デリケートゾーン専用の石鹸でまんこ(陰部)を洗う事が良いとされています。

          なお、わきがの方が選択する対象法として外科的な手術によってアポクリン汗腺を取り除くというものがありますが、脇に行う場合と同様のリスクがありますのでデリケートゾーンに行う場合は慎重な判断をする事が要求されます。

          タバコを吸っているとまんこ(陰部)が臭くなりやすい

          タバコでまんこ(陰部)の臭いが強くなるとされている理由は主にニコチンの存在がポイントになっていて、ニコチンの悪影響として代表的なものである汗をかきやすくなると言う点とビタミンCが破壊されてしまうと言うのが臭いを強くする原因と言われています。

          まずタバコを吸う事によってニコチンが体内に摂取され、ニコチンが脳内の視床下部を刺激する事で体温調節中枢が働き、汗腺から汗を出せという指令がエクリン汗腺に送られますので、活発に働き始めたエクリン汗腺がアポクリン汗腺を刺激してしまいます。

          そうなるとアポクリン汗腺からも汗が排出されるようになり、それが上記の通りに臭いを発生させてしまい、結果的にまんこ(陰部)の臭いが強くなってしまいます。

          また、ニコチンはアポクリン汗腺自体を活発にしてしまう事があり、こちらはタバコを吸ってニコチンが体内に入った事で交感神経が刺激される事が理由になっていて、交感神経が刺激されるとアポクリン汗腺の分泌力が高くなります。

          なので通常よりも大量の汗が出やすくなりますし、常在菌の活動も比例して活発になるので分解が促進され、最終的にまんこ(陰部)の臭いが強くなると言う事に繋がってしまいます。

          そしてニコチンの最大の悪影響がビタミンCの破壊になっていて、ビタミンCには抗酸化作用があり肌の老化を抑えると言う働きがあるのですが、このビタミンCが破壊されてしまうと当然肌の老化が進んでしまう可能性が高いです。

          皮膚が老化すると皮脂量が増加して常在菌の繫殖を招きますし、常在菌が増えればそれだけ分解量も増えますので発生する臭いも強いものとなり、それがまんこ(陰部)の強い臭いとして感じられます。

          対策としては禁煙してしまう事が一番良いのですが、いきなり止めてしまうとストレスに繋がりますので、段階的にニコチン量を減らしていくか喫煙本数を減らしていくことが良いとされています。

          お酒を飲みすぎる人はまんこ(陰部)が臭くなりやすい

          タバコと同じようにお酒もまんこ(陰部)の臭いを強くする可能性があると言われていて、こちらはお酒を飲む事で体温が上昇してしまう事がその理由です。

          そもそも汗と言うのは体温調節のために出るようになっていて、体温が上昇すればそれを下げるために汗をかくようになっていますので、お酒を飲んで体が熱くなればそれだけ汗をかきやすくなります。

          したがって、ただお酒を飲んでいるだけでも通常の状態より大量の汗が排出されるようになり、それが臭いの元となりますのでお酒を飲んでいる方はまんこ(陰部)の臭いが強いと言われています。

          また、アルコールそのものが原因になっているともされていて、基本的にアルコールと言う物は体内で血管内に取り込まれ、それが全身を巡る事でいわゆる酔っぱらう原因となっていますので、お酒を飲めばアルコールが汗として排出されるのは当然と言えます。

          お酒に感じる匂いは人によっては臭いとも感じられますし、基本的に汗として体外に排出された場合は良い匂いとは感じられなくなりますので、大量にお酒を飲んだ場合には翌朝などに体が臭いと感じられるケースが多くなります。

          お酒が原因でまんこ(陰部)の臭いが強くなっている場合の対策として、最も効果的なのはタバコと同じように止めてしまう事ですが、お酒を飲める年齢ともなれば上司や友人同士の付き合いなどがありますので完全に止める事は難しいです。

          なのでこの場合はそもそもの飲酒量を抑えるか、アルコール度数の低い物を選ぶことがポイントになっていて、さらにどうしてもお酒を飲まなければならないのであれば、途中で水やお茶などを挟みアルコール濃度を下げてやる事が大切になります。