女性のパンツが臭いというのは、精神的な苦痛にもつながりますし、何よりもその原因となる症状によっては、健康を害する恐れがある可能性もあります。

その場合、早急な対策が必要になります。

女性のパンツが臭くなる原因

女性のパンツが臭くなる原因として、まず、大きく分けて2通りの問題が考えられます。

まず、陰部のうち、膣のまわりの皮膚に原因がある場合です。

その次に、膣の内部から臭いがしている場合です。

どこから臭いがしているのかという点について、パンツの臭う位置や、自分の感覚からある程度目安をつけてみると、原因が把握しやすいです。

膣のまわりの皮膚に原因がある場合

膣のまわりの皮膚に原因があって、パンツが臭くなっている場合、すそわきがの可能性があります。

すそわきがの場合、脇のワキガに似た特徴的な臭いがするので、わかりやすいかもしれません。

また、すそわきが、とまで言えなくとも、陰毛あたりから臭いがしている場合、分泌物や汗、また、尿などの汚れが原因になって臭うということも考えられます。

生理の周期に関係がある場合、経穴が膣のまわりや陰毛について臭っていることもあります。

女性の陰部は群れやすく、また、陰毛が多い人の場合、よけいに症状が強くなるということはあり得ます。

そのため、膣周囲の炎症のトラブルの場合、まずは陰部をいつも清潔に保つことが対処法になります。

一日のなかで陰部を洗うのはお風呂だけだという人がいますが、そのタイミングだけではなく、においそうなときはこまめに洗浄を行った方が良いです。

陰部の粘膜は敏感な部分なので、石鹸は直接つけないほうがいいですが、陰毛の部分は石鹸で丁寧に洗っておきましょう。

膣の周りを拭くための専用のウエットティッシュなども、ドラッグストアで気軽に購入可能です。

外出先のトイレでは、そういったアイテムを使って陰部をきれいにしておくのも有効でしょう。

また、陰毛が伸びっぱなしだと不衛生になりやすいです。

かといって、全部剃ってしまうとチクチクして問題があるという人もいますから、

陰毛の先がチクチクしないようなすきばさみや、陰毛専用のカッターをつかって毛を整えておくことも有効です。

できるだけ陰毛を短く、さっぱりとした状態にしておくと蒸れにくいです。

膣の内部からにおいがしている場合

膣の内部からにおいがしており、パンツにその臭いが付いている場合、おりものが原因かもしれません。

おりものの種類によって、カンジダや細菌性膣炎、各種の性病などの可能性が考えられます。

そういった原因の場合、パンツについているおりものにも異常が発生することがあります。

一般的には、カンジダのおりものは酸っぱい臭いがして、白くドロッとしていたり、カッテージチーズのようなカスだったりしていると言われ、細菌性膣炎のおりものは黄色っぽく、生臭い魚の腐ったような臭いがすると言われていますが、カンジダと細菌性膣炎は併発することもありますし、どっちのおりものなのか見分けがつきにくいこともあります。

また、性行為で心当たりのある場合、カンジダや細菌性膣炎ではなく、性病が原因のこともあります。

その場合は、婦人科で専門医の治療を受ける必要が出てきます。

婦人科では、簡単な検査で何が原因かわかりますので、不安がある場合は自己診断で薬を入れないで専門医の判断を仰ぐことも必要です。

パンツが臭くならないため、自分でできる対策方法について

専門医の治療が必要な性病ではなかった場合、自分で対策をしていかなくてはなりません。

カンジダや細菌性膣炎についても、専門医の治療を受けた後、自分で出来るケアを続けていかなくては繰り返してしまいます。

パンツが臭いと、いざという時に恥をかいてしまうおそれもありますし、薄着のときは服を通して周りのひとにも臭いが伝わってしまう可能性もありますから、しっかり対策しなければなりません。

まず、パンツの生地の選び方も大切です。

化繊のパンツや、通気性の悪いデザインのパンツは履かないほうがいいです。

理想をいえば、シルク100パーセントのパンツを履いたほうが臭い予防には良いです。

しかし、シルクは手入れが大変ですし、下着すべてをシルクにするのはお金がかかります。

その場合、綿のパンツが手軽で良いでしょう。

そして、デザインとしても空気の通りが良いものを履いて、膣ができるだけ乾燥しているように努めましょう。

最近、ふんどしタイプのパンツも流行しています。自分に合う形のものを身に着けてみましょう。

また、おりものシートや生理用ナプキンも化繊のものは避けた方が良いです。

布用ナプキンや、化繊をつかわない体にやさしいタイプのナプキンを使用するほうが良いです。

パンツが臭くならないためには、新鮮な空気で膣が乾燥していることと、雑菌が繁殖しない環境を整えてあげることが大切です。

以上のような心得に加え、生活全体も健全化し、栄養のある食事としっかりとした睡眠を並行することで、パンツが臭くならないための対策を行っていくことができます。