コンプレックスなしだった私の人生が一変!

私はこれまで体についてのコンプレックはなく、順風満帆に生活を送ってきました。

その理由は、大雑把な性格をしているため細々したことに悩むというのが好きではなかったので人と比べて「背が低い」とか「ストレートヘアーになりたい」などは見向きもせず、ありのままの自分を受け入れてきました。

そんな私は今、28歳になりデパートで化粧品の販売員として仕事をしている時に、友人からの誘いで合コンに参加することがありました。

そこで偶然出会った男性と交際することになり、これまで以上に身だしなみを気をつけようと心がけ始めました時自分の体臭に違和感を感じることがありました。

これまで彼氏が3年ほどいなかったので、仕事一辺倒だったため食生活はコンビニか外食ばかりで栄養バランスが偏り、匂いの強いものやお酒も好きなだけ飲んでいました。

そんな生活が続いたせいで体にも変化が気づかない間に起こっており、口臭や陰部の匂いがきつくなっていること気に気づきました。

陰部が臭いと気づいたきっかけ

彼氏ができたことで匂いや身だしなみについては初歩中の初歩だと思っていたので、彼に嫌われないためにも自分の身に問題点がないかチェックを始めました。

その時、下着の匂いをチェックしようと嗅いでみたところ異様な匂いがしていることに気づきました。

オリモノでもなくアンモニア臭でもないこれまで気にしたことがなかった匂いが混ざったような感じで匂いを発していました。

その時に、「私の陰部に何か臭いが発生するものが起こっている」と気づきました。

幸い彼にはまだ気づかれる前だったので自分で自覚した段階でホッと一安心でしたがいつバレるともわからないので、インターネットで調べて匂いの原因を探るようにしました。

匂いで嫌われたら女としてショックですし、心に深く突き刺さるものでもあるので何とかしなければと危機感を抱いていました。

自分の陰部のニオイについてきにするようになってからは、頻繁に下着を履き替えるようになりましたしニオイについて過敏になってしまいました。

また、陰部のニオイが原因で実家で下着を洗う際には自分の洗濯物は自分で洗うようにするなど何かと理由をつけて避けてきましたが、その際に何も知らない母から「そんなめんどくさいことしないで一緒に洗えばいいのに」と小言を言われてイラっとしたりするなど小さいことでしたが嫌な思いをしました。

陰部の匂いを解消するために陰部専用の石鹸を購入して洗うようにしました。

敏感な部位になるのでボディーソープで入念に洗うと悪影響が出ることもあるとインターネットの情報から入手していたので、体の部位に合わせた石鹸でケアをしていました。

すると、専用石鹸にはボディーソープのような香料が付いていないので陰部の匂いも何かが混ざったような印象がなくなり匂いが解消されていきました。

現在悩んでいる事は、匂いは収まっているのですが夏場になるとムレてしまうので汗などが混ざってまた独特の匂いが出てしまうこともありますが、以前よりも症状もましになっているので継続して専用石鹸を購入して使用しています。

彼にもバレていないですが夏場に一緒に寝ることはないようにうまく理由をつけています。