あそこが臭うことで悩んでいる女性は多く、香水もで解消しようとする女性も多いですが、しかし、あそこの臭い解消に安易に香水に頼っては失敗します。

あそこが臭うときに香水をつけるのはメリットもデメリットもありますから、色々知ってつけることをおすすめします。

正しい対策を行ってから香水をつけることであそこからの臭いも解消できますから、まずは自分のあそこからの原因をつきとめてケアをしてください。

女性のあそこが臭う原因

菌の繁殖

時間の経過したおりものに雑菌が繁殖するとか、蒸れると雑菌が繁殖します。

食べ物

玉ねぎやチーズやバターなどの乳製品、動物性蛋白質(特に赤み)、魚などを食べ過ぎなどです。

腸内バランスの乱れ

腸内のバランスが正常なら悪臭がしないおりものが、悪臭を放ちます。
 

運動不足

汗をかかないと汗腺が脂などで詰まってしまい、それが酸化してやあそこからの臭いとなってしまいます

あそこにつける香水は、目的が消臭ではありませんから、は上記のことをしっかりケアをしてからつけてください。

あそこの臭いを香水でごまかしても根本的な解決になりませんし、さらにひどいニオイを放つようになる可能性が大きいので注意をしてください。

また、あまりにもあそこの臭いが酷い時は上記の原因の他に、なにか病気が隠されてているかもしれませんから、婦人科で診てもらうことも大事です。

あそこが臭う時に香水をつけるとニオイはひどくなる?

あそこの臭いを香水でごまかそうとするのは、はっきり言ってNGです。

良い臭いになりそうな気がしますが、もわっとしたようなおかしな臭いになったり、さらにひどい臭いになる可能性もあります。

消臭効果がない香水ですから、あそこの嫌な臭いと香水のニオイとが混じって相当きつい臭いになってしまうことが多いです。

香水をつけるなら、あそこの臭いを消してから使うのが正しいつけ方であり、消臭してから使ってこそ香水の効果が期待できます。

あそこが臭う時に香水をつけるメリットは?

あそこからの臭いは人に嫌がられますし、あそこが臭うばっかりに彼氏と別れてしまうケースも多いです。

短期間で恋が終わる理由の多くが、あそこの臭いに男性が我慢できないからというアンケート結果があるほどです。

彼女のあそこが臭くても、それを伝える男性はごくまれで、伝えずに別れてしまうことを考えれば、香水でほんのり良い匂いがするようなら、理由もなく彼氏に振られる不幸が避けられるというメリットもあります。

また、人知れずあそこの臭いに悩んでいるよりも、あそこからほんのり香水の香りがしたらちょっぴり癒されて良いものです。

あそこが臭う時に香水をつけるデメリットは?

あそこ用の香水に限らず、香水は人によって頭が痛くなることもあるなど、周囲に迷惑をかけることさえあります。

特に男性の方が香水を嫌う傾向が強いので、彼がいる場合は特に注意をしてください。

ちなみに、洗濯のすすいだ後の柔軟剤のニオイが電車のなかに充満している問題や、柔軟剤の香で体調不良を訴える人が激増しているとの記事もありました。

香水や柔軟剤のニオイは使っているうちにニオイの感覚が麻痺して使い過ぎてしまうことが多いのでそのことも考えて使わないと失敗します。

あそこが臭いときゴシゴシ洗ってはいけない?

あそこが臭いと石鹸でゴシゴシ洗いがちですが、これは逆効果になってしまいます。

その他、次にあげるのがあそこが臭いときにやってはいけないことです。

ボディソープや石鹸を使って入念に洗う

清潔は大事ですが、市販のボディーソープや石鹸で入念にあそこを洗い過ぎると石鹸などの成分があそこの肌の潤い成分まで落として」酸性を弱めてしまいます。

また、洗い過ぎはあそこの雑菌から守るバリア機能を落とし、自浄能力を落としてかゆみや臭いの原因になってしまいます。

ゴシゴシ洗い過ぎる

スポンジなどで洗ったり、ゴシゴシ洗いすぎるデリケートゾーンがキズついたり、乾燥してしまう原因にもなってしまいます。

膣内洗浄をする

ビデなどで膣内洗浄をし過ぎるとあそこに必要な常在菌まで流してしまいます。

その結果おりものであそこが臭くなったり、殺菌する自浄能力が落ちて雑菌が侵入しやすくなり、性感染症に罹りやすくなってしまいます。

間違ったケアの仕方であそこからの臭いを強くしていたのでは、香水をつけても逆効果になる可能性が高いです。

あそこからの臭いを防ぐ上手な洗い方

香水をつける前にあそこの上手な洗い方で臭いを防ぐ必要がありますが、上手な洗い方としては次にあげることを心がけてください。

ぬるめのお湯で優しく丁寧に洗う

熱いお湯はあそこに必要な成分まで流してしまいますから、ぬるま湯であらうことと、あそこの肌は体の中でも最も薄い部分で傷つきやすいので丁寧にやさしく洗う必要があります。

また、おりものが多い人などが下着が汚れないようにおりものシートをよく使いますが、産婦人科の医師の話によると、蒸れたりかぶれたり炎症を起こすこともあるのでつけない方がいいそうです。
あそこが蒸れると細菌が増えて臭くなります。血の臭いなどは特にきつくなります。

上手なあそこの香水のつけ方

あそこの臭いでそれほど悩んでいなくても、あそこへ香水をつけるオシャレな女の子が増えていると言います。

あそこの臭いを上手にケアして、ほんのりと、あそこからほのかに匂う香水の香りを楽しむのも良いものです。

上手なあそこの香水のつけ方は、あそこの臭いをしっかりケアしたうえで、あそこにも優しい香水を選んでつけてください。

あそこが臭いままとか、あるいはつけ過ぎはかえって嫌な臭いを強くしてしまいますから、ほんのり匂うようにするのが基本です。

もちろん、あそこに香水をつける際には、あそこに直接つけるのではなく、下着にほんのりつけるのが基本です。

あそこからの臭いをしっかり消せない場合は香水はつけない方が無難です。