まんこ(陰部)の臭いを自覚して焦る

私はアパレル関係で働いている34歳の女性です。

3年ほど前からまんこ(陰部)の臭いに気づきました。

初めて気づいたのは職場でパソコン作業をしている時です。

当時の職場はクーラーが最低限しかついておらず座ってパソコン作業をしていても少し汗をかくくらいだったのですが、立ち上がってまた座った時にむわっと自分の臭いがしてきたんです。

最初はまんこ(陰部)の臭いとわかりませんでしたが、汗はかいているけど脇でもないし体の臭いとも違うのでまんこ(陰部)だと突き止めました。

その時は自分でこんなに臭っていると感じるのに他の人には感じ取られていないだろうか?という心配でいっぱいでした。

急いで脇用の制汗スプレーをかけて誤魔化しました。

それからというもの、他の人に臭いに気づかれていないか心配で毎日困っています。

その後、スプレーや香水などで臭いを誤魔化していましたが、とにかく自分がまんこ(陰部)の臭いを感じてしまって気になって仕事が手につきませんでした。

仕事はほとんどオフィスで座ってパソコン作業をしているのですが、座って作業している時に自分の臭いが臭くて集中できないんです。

こればかりはダイレクトに来てしまうのでスプレーや香水などしても効果がなく、自分自身の臭いに苦しめられました。

また自宅でソファなどに座っている時も足を崩したり足を上げた体制で座っているとすごく臭うんです。

人に臭いを気付かれるのも嫌ですが、自分がずっとまんこ(陰部)の臭いを感じているのもかなりのストレスです。

まんこ(陰部)の臭い対策

これはまずいと思い、まんこ(陰部)自体の匂いを消そうと努力しました。

まずまんこ(陰部)が蒸れやすい服装をしないように注意しました。

それまで真夏なのにジーンズを履いたりしていたのですが薄めの通気性の良い生地のガウチョパンツなどにしました。

また、アンダーヘアをこまめに処理するようになりました。それまでアンダーヘアの永久脱毛などもしておらず気づいた時に処理するくらいでしたが、これも蒸れや臭いの原因になるようなので、脱毛に通いほとんど毛を残さずに脱毛しました。

それ以降だいぶスッキリして臭いも減った気がします。

現在は以前に比べだいぶマシになりましたが、生理前などおりものが増える時は特に注意しています。

ただ自分の臭いは自分で気付きづらいので本当に神経質になります。

家族や親しい友人にはたまに会った時には、まんこ(陰部)とは言いませんが「臭くない?」と体臭チェックしてもらうようにしています。

職場の同僚や取引先などに臭いと思われたら本当に困りますので。

まんこ(陰部)の臭いの原因は様々ありますので、一概に対策はこれとは言えませんが早めに手を打っておくことをお勧めします。

特に30代を超えると体臭がきつくなりやすいので注意が必要です。