おりものが水っぽい時の原因はどんなものがあるの?

おりものってどんなもの?

まずはおりものがどんな役割を持っているのか、どうしてあるのかを知っておきましょう。

おりものは女性の健康を知るためにとても重要です。

生理中やその前、疲れている時など女性の体調や時期によっておりものの量や色も変わってきます。

誰にでもあるものですし、そんなに大量に出ているわけでなければ正常です。

汚い、できれば無くなってほしいと思っている女性も多いかもしれませんが、実は膣を清潔に保つために大切なものなんです。

おりものがあることで膣に細菌が入っても繁殖するのを防いでいます。さらに、精子が膣に入った時におりものがあることで受精の手助けにもなります。

普通のおりものはどんなもの?

そして、比較のために一般的なおりものについても紹介します。そもそもおりものの量や質は女性ホルモンの変化によって異なります。

基本的にはおりものシートで間に合うくらいの量ならば正常な量と言えます。

質に関しては白っぽかったり、透明だったりします。

粘つきがあることもあって下着につくと黄色く見えることもあります。

特に生理の前と排卵日前になるとおりものの量が増えると言われています。

生理前のおりものは白っぽくて粘つきがあり、匂いが気になることも多くなります。

排卵日前は透明でぷるっとした塊が出ることもあります。

水っぽいおりもの

気にしなけばならないくらいのおりものは、お漏らししちゃった?と思うくらい違和感がある場合やおりものシートでは足りないくらいの量が出てしまった時です。

特に異常がない場合でも排卵日やその近くの日には水っぽいおりものが出やすいので気を付けましょう。

気になるときは排卵日をチェックしてその前後になっていないか調べておくと安心です。

排卵日ではないのに水っぽいおりものが続く、そんな時には別の原因が考えられます。

水っぽいおりものの原因

クラミジア

水っぽいおりものが続く時に考えられる原因の一つは病気で、その中でもクラミジアの可能性があります。

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌によって引き起こされます。

この細菌は主に生行為によって感染してしまうことが多いのですが、それだけでなくオーラルセックスやアナルセックス、粘膜同士が接触しただけでも感染する危険がある病気です。

感染していても自覚症状がないことが多く、発見が遅くなりがちなのも特徴で日本国内では毎年1万人以上の女性がクラミジアに感染していると言われています。

クラミジアを放置すると腹膜炎や不妊の原因にもつながるので心配な方はすぐに病院へ行きましょう。

細菌性膣炎

水っぽいおりものの他におりものの臭いが気になるという場合は、細菌性膣炎かもしれません。

この病気は水のようなおりものと、悪臭が特徴と言われています。

疲れている時やストレスがかかっている時などに感染しやすく何度も繰り返すことが多いのもこの病気の特徴です。

特に性交渉の後に匂いがひどくなることが多く悩んでいる女性も多いので心当たりがある場合はすぐに治療を始めるのがオススメです。

薬を使うことで症状をなくすことができます。

子宮頸がん

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することで発生します。

初期の場合自覚症状がないことが多いので発見が遅くなる危険も高い病気です。

おりものの量が増える、生理の期間が長引く、量が増える、不正出血が見られるなどの場合は子宮頸がんの可能性があります。

毎年1万人ほどの女性が子宮頸がんと診断されています。気になることがある場合は病院へ行きましょう。

また定期的に検診を受けておくことが勧められています。

妊娠

病気になると水っぽいおりものが増えることがありますがそれ以外にも可能性があります。

その一つが妊娠していることです。

一般的には排卵日付近になるとおりものが水っぽくなるものですがそれが続く場合妊娠初期の可能性があります。

妊娠すると女性ホルモンが増えるのでそれが原因です。

おりものが水っぽいだけでなく、生理予定日から1週間経っても生理がこない、体温が高い状態が続くなどのサインが見られたら妊娠している可能性があります。

無排卵

無排卵はストレスや過労などで起きるものです。

最近は冷えや仕事のストレスなどで無排卵になってしまう女性も増えてきていると言われています。

無排卵になると生理がこなくなり、ホルモンバランスが乱れます。

さらにおりものが水っぽくなることもあるんです。

将来的に子どもを産むためには生理不順や無排卵は危険な状態ですからすぐに病院に行きましょう。

おりものが水っぽい時の対策方法は?

生理周期による水っぽさ

おりものが水っぽいときはまずその原因を理解することが大切です。

生理周期を調べてみて排卵日の前後に水っぽいおりものが出るという場合は正常に機能している証拠ですから上手におりものと付き合っていく必要があります。

特に20代から30代の女性は体が発達しきって妊娠に備えるためにおりものの量も増えます。

おりものが多いと下着について嫌な思いをしがちです。そんな時にはおりものシートを使って対策しましょう。

おりものシートには匂いを軽減させる役割もあります。

最近のおりものシートは薄くて使いやすいものが多いので、おりものが増えそうな排卵日前後には活用するのがオススメです。

さらに毎月排卵日を理解しておくことで望まない妊娠を防ぎ、体調管理にも役立ちます。

またおりもので下着を汚してしまった時に他の服と一緒に洗うのが抵抗がある場合には専用の洗剤を使って手洗いするのも効果的です。

洗濯機で一緒に洗ってしまうとシミが残ったり匂いが取れなかったりします。

洗剤を使って手洗いすれば不快感もなくなりますし、大切な下着を汚さずにすみます。

病気による水っぽさ

生理周期でもないのにおりものの水っぽさが気になる、悪臭がするという場合は病気の危険性があります。

そんな時には我慢せず、少しでも不安に感じたらすぐに婦人科に相談しましょう。

おりものの変化は体調の変化でもあります。ちょっとした変化を見逃さないことが病気の早期発見、早期治療に役立ちます。またもし診断の結果病気でなければ安心して過ごすことができます。

病院ではそれぞれの症状に合わせた対策方法や、ケア方法などをアドバイスしてくれるので対策にもなります。

おりものの臭いが気になる時は?

おりものの臭いが外に漏れていないか心配になる、そんな時は通気性のいい下着に変えると効果的です。

蒸れると殺菌が繁殖しやすくなるのでおりものや臭いも気になってしまいます。下着を選ぶ時には素材を気にして選ぶと臭い対策にもなります。

また夏場などは時にトイレやお風呂で陰部をきれいにすることを心がけましょう。

いつも通り洗っているつもりでも洗い残しがあったり、きちんと拭けていなかったりして、臭いやおりものが残ってしまうことがあります。

まとめ

おりものは女性ならば多かれ少なかれ誰でもあるものです。

健康な女性でも体調や生理周期によっておりものが水っぽいと感じることや量が多くなることもあります。

そんな時には上手におりものと向き合うことが大切です。匂いが気になる時にはおりものシートを使って対策できます。

またお風呂できちんと石鹸を使って洗う、こまめにトイレに行くことでもおりものの不快感を軽減できます。

またもしも普通ではない、異常な匂いがするなどの病気の心配がある場合はすぐに病院に行って診断を受けましょう。