何気なくトイレへ行ったとき、いつもと違うおりもののにおいに驚かれた方って案外多いと思います。

今までこんなにおいじゃなかったのに、一体どうして?と、不安になられた方必見!ここではそんなおりものの酸っぱいにおいの原因や対策、もしかして病気?妊娠?!といった疑問について解説していきます。

そもそもおりものってなんで出てくるの?

おりものとは、子宮、膣から出てくる酸性の分泌液のことです。

その役割は様々ですが、主に自浄作用で細菌の侵入を防いでくれたり、受精の手助けをしてくれたりといったとても大切な役割を担ってくれています。

おりもののにおいが酸っぱいのは異常なの?

結論から言うと、決して異常なことではありません。通常、おりものは少し酸味のあるにおいがします。

これは、膣のなかで「乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)」とよばれる菌が乳酸を分泌しており、膣内が酸性度の高い状態になっているからです。

この作用のおかげで膣内は清潔に保たれているのです。

おりものがくさい!一体なぜ?

おりものの酸っぱいにおいは不快感があるほどのものではありませんが、まれに「魚が腐ったにおい」 「生臭い」等といった不快なにおいがすることがあります。

この場合は陰部で雑菌が繁殖している恐れがあるので要注意です。

陰部を不衛生にしておくと雑菌が繁殖します。特に高温で湿度の高い時期になると更に増殖してしまいます。

しかし清潔に保とうとして陰部を洗いすぎると、膣内に必要なおりものまで洗い流してしまう恐れがあり、細菌の侵入や繁殖を防ぐ自浄作用が低下してしまいます。

また、体調不良や過度のストレス、不規則な生活によりおりものがうまく分泌されず、膣内の自浄作用が低下して細菌が繁殖してしまうケースもあります。

おりもののにおい、もしかして病気?

おりもののにおいは一般的には治療の必要はないとされています。

しかし、気分が悪くなるほどの悪臭がする場合はなにかしらの性感染症を疑ったほうが良いかも知れません。

ここでは代表的な性感染症とおりものの特徴についてご説明します。

細菌性膣症

おりものの色がやや灰色っぽく、粘り気のないサラサラした状態で強い悪臭がします。

ほっておくと膣炎や子宮頸管炎になる恐れがあるので、早めに婦人科を受診しましょう。

淋菌感染症

黄緑色で膿のようなおりものが出て、強い悪臭がします。

不妊症を引き起こす原因にもなるので早めの受診をお勧めします。

トリコモナス膣炎

黄色や灰色がかった色で泡立ったおりものが特徴です。

おりものの悪臭の他に、外陰部に腫れや痛み、痒み等の症状も見られます。早めに受診しましょう。

おりものがにおう!そんな時の対処法!

おりもののにおいが気になって仕方ない、その場合はまず、疲れやストレスを溜め込み過ぎず規則正しい生活を心がけ、体の免疫を高めることが大切です。

次に、着けている下着の素材をコットンやシルクといった通気性の良いものにしましょう。

それから、おりもの用のナプキンシートをこまめに取り替えるよう心がけて下さい。

そして、お風呂場では陰部を洗いすぎず刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしましょう。

おりものの自浄作用はとても大切な作用なので、その作用を維持するために日々の生活の中で無理をし過ぎないようにして、生活習慣を見直してみましょう。

それだけで、今まで気になっていたおりもののにおいの改善が期待できます。

おりもののにおいで分かる健康な体

おりもののにおいはいわば健康のバロメーター。生理周期によってにおいの変化もありますが、それよりも体調の影響を大きく受けるのです。

おりものの変化に素早く気付くためにも、普段からおりものの状態のチェックをしておきましょう。

20~30代の方は特にエストロゲンの分泌量が増加し、おりものの量が増えていきます。

これを放置しておくと悪臭の原因になる恐れがあります。

おりものの色や形状で病気が分かる?

おりもののにおいだけではなく、色や形状がいつもと違うと不安になってしまう方も多いと思います。

そんなおりものの色や形状で疑われる病気についてまとめました。

透明または乳白色のおりもの

健康な状態のおりものです。膣の粘膜が混じりややクリーム色がかっている場合もありますが、正常の範囲内といって良いでしょう。

においはほぼ無臭ですが、酸性の性質を持っているため酸っぱいにおいがする場合があります。

生理前になると特ににおいが強くなる方もおられますが、気になさらないでください。

水っぽいおりもの

普段と違う、水っぽいおりものが多量に出続ける場合は子宮頸がんの疑いがあります。

半年以内に子宮頸がんの検診を受けていない方は受診しましょう。

ポロポロして白いおりもの

白くポロポロとしたおりものがでた場合、カンジダ膣炎の疑いがあります。

カンジダ膣炎とは、カビの一種であるカンジダが疲労やストレス、風邪等で免疫力が低下した時に増殖し、炎症を起こします。

症状としては、強い痒みやただれ等を引き起こし、陰部に紅斑が発生する場合もあります。早めに受診しましょう。

黄緑色がかった膿のようなおりもの

膿のようなおりものが出た場合、クラミジア頸管炎に感染している恐れがあります。

放っておくと発熱や下痢、不妊症の原因になる場合があります。

妊娠しても子宮外妊娠になってしまう恐れもあるため、早めに受診するようにしましょう。

茶色のおりものが出た!

茶色いおりものは血が混じっている状態です。この場合の殆どが生理の影響なのですが、稀に生理とは関係なく茶色いおりものが出る場合があります。

一体なぜそのようなおりものが出るのか、下記の原因が考えられます。

不正出血

生理以外の時に膣内から出血がある場合のことを不正出血といいます。

強いストレスや生活習慣の乱れ等が続き、免疫力が低下しホルモンバランスが乱れてしまうことによって、子宮内膜の増加・剥離という生理のシステムが上手くいかずに起こります。

出血と聞くと鮮血を思い浮かべる方も多いと思いますが、古い出血は茶色っぽいおりものとして出てくる場合もあります。

茶色いおりものの他に下腹部の痛みを感じる場合は、婦人科系の疾患である恐れがあるので、早めの受診をお勧めします。

子宮筋腫

婦人科系疾患のなかで一番多いとされています。子宮の内側等にコブのようなものが出来る病気で、出血の他に、腰痛・腹痛・月経痛・頻尿等の症状が見られます。

大きさによっては摘出手術を行わなければならないケースもありますので、異変を感じたらすぐに受診しましょう。

子宮内膜症

本来、子宮の中にのみ存在している子宮内膜等の組織が子宮以外の場所に発生し、月経に合わせて出血や痛みを引き起こしてしまう病気のことを、子宮内膜症といいます。

婦人科を受診し、ピル等の薬物療法を用いるケースが多いとされています。

着床出血

卵管で卵子と精子が合体し受精卵となり、その受精卵が子宮内膜に着床することにより妊娠が成立します。

子宮内膜に根を下ろす際にその組織や血管を傷付け、出血してしまうことを着床出血といいます。

これは必ず起こる現象ではありません。むしろ起こらないほうが多いとされています。

時期としては、生理予定日の数日前から予定日頃に起こります。

しかし、出血量・出血期間ともに大きく個人差があります。着床出血がある妊娠3週の頃は「超妊娠初期」と呼ばれ、自覚症状がないことが多いです。

しかし妊娠が始まった大事な時期なので、薬の内服や喫煙、アルコールの摂取は控えるよう心がけましょう。

おりもので分かる?超妊娠初期のおりものの特徴!

妊娠するとおりものに変化がみられた!という方は多いと思います。

そんな超妊娠初期のおりものの特徴は
●量が増える
●水っぽくなる
●においを強く感じる
●白っぽい、または黄色っぽい

等が挙げられます。

しかしどれも個人差があり、全く当てはまらないのに妊娠が発覚した、というケースも珍しくありません。

生理が一週間以上遅れている場合等は、市販の妊娠検査薬を使ってチェックしてみましょう。

まとめ

おりもののにおいで悩んだ経験は誰にだってあることです。

その疑問を放っておかずに、しっかりとおりものと向き合い、自分の健康に関心を持つことがとても大切です。

少しでも違和感を感じたら近くの婦人科へ行ってよく診てもらいましょう。

自分の体をしっかりと守ってあげましょう!