女性の陰部から出るおりものというのはかなりあったりするわけではありますが、白いおりものというのはよく女性の体からは出てくるものだと思いますが、色的にはそこまで問題なさそうな感じには見えてもあまり多かったりしたり、出る量が変わってきたりするとちょっと臭いとか心配になってきますよね?

この白いおりものって実際どんな感じなんでしょうか?

白いおりものの性質やでる量、対処法などいろいろなことを見ていきましょう。

白いおりものが出るのは異常なの?

白いおりものが出ること自体は通常は異常というようなことはありません。

基本的におりものというのは乾燥や細菌に対抗し、膣内を健康に保つために出てくるものであり体を正常に保つ機能を持っているものです。

白いおりものが多くなったりするようなこともありますが、これは生理周期によっておりものの量に変化があったりすることが原因です。

通常は女排卵期に向けて女性ホルモンがだんだんと分泌される量が増えていくようになっており、比例しておりものの量も増えています。

排卵期にピークを迎え、その後はだんだんと量が減っていきます。この時のおりものは水っぽさがあります。

これには理由があり、おりものの量が増えるのは排卵と同時に精子が卵子のところに行きやすいようにサポートする役割を担っているもので、膣内を液体で満たしてあげることによって、精子がその中を移動しやすくなるというわけです。

体にとっておりものは必要なものなのです。

そして、排卵後から次の生理が始まるまでの間は、量は減りますが、性質に変化が生じます。おりものは水っぽさよりもどろっとして粘り気のある、白濁した液体になってきます。

どろどろすることによって、おりものが雑菌を絡め取ってくれやすいようになりますので、子宮に雑菌などが侵入しないようにしてくれる役割が出るわけです。

生理前にでてくる白いおりものについても基本的には正常な状態といえます。

白いおりものが出る原因と考えられる病気は?

ですが、白いおりものといっても中には病気と考えられるものも存在します。

白いおりものが病気のサインになっているというようなものについては以下のものが考えられます。

膣カンジタ

膣カンジタについては、カビが原因になっています。このカビについては普段は体内にもいることがあり、普通の場合には特に問題はありません。

ですが、ストレスや疲れなどといったことがありますと、体の免疫力が弱くなってしまいますので、カビが活性化することがあります。

こうなりますと、菌の量が多く発生することにより、膣内に炎症を起こしてしまったりし、非常に強いかゆみや痛みなどを伴うようなことが特徴として挙げられます。

この時に出るおりものについては、白いのですが量が通常よりも多くなる傾向があるようです。カビを体外に出すための防衛反応が強くなっているといえます。

臭いは強くなく、おりもの自体はボロボロ崩れやすいのが特徴的です。

トリコモナス腟炎

トリコモナス原虫というものが人間の体内に入り込んでくることによっておこる炎症です。

性行為だけではなく、お風呂などの水場からも感染する危険性があるもので、周辺に感染する原因がそこそこある厄介なものです。

おりものの色は少し灰色がかった乳白色の場合もありますが、緑がかった黄色の泡立っているようなものであるようなケースもありますので、色によっては気が付かないこともあります。

また、陰部が赤くはれ上がるようなこともあります。

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマチスという微生物に感染して起こる症状です。

おりもの自体は白く、普通の状態ですが、感染してからは水っぽいおりものが増えたりするだけではなく、下腹部痛や排尿時の痛みがでてきます。

症状が出るまでは感染していることに気が付かないことが多く、パートナーなどに移す確率が高い感染症でもあります。

子宮腟部びらん

病気とまで呼ばれるのはまれですが、子宮腟部びらんというものになっているときには量が多くなるようなこともあります。

特徴としては子宮頸部の一部がただれているように見える状態をであり、びらんという表皮が欠損している状態になっています。

多くの場合には仮性びらんといって、生理や性交時にただれているようになっていることがあり、不正出血やただれのような症状がありますが、多くの場合痛みはなく、女性も無自覚ですので、問題がないものです。おりものは白のほかに黄色がかったものもあります。

稀に真性びらんという状況ですと、子宮頸がんやベーチェット病というような病気が疑われるケースもありますが、そういったものはほとんどありません。

白いおりものと妊娠の関係は?

また、白いおりものに関しては、妊娠中において量が変化する可能性が考えられます。

妊娠中は女性ホルモンの量がかなり多くなりますので、おりものの量というのが増える可能性があります。

妊娠中のおりものの場合には、通常の時と比べてもそこまで多くは増えませんので、特に気にするような量の増加はないようです。

また、おりものは赤ちゃんを最近から守るためにも出ていますので、量が増えても基本的には安心してください。

通気性のいい下着をはいておくだけで、蒸れなどといったものからは簡単に対処が可能ですからそこまで気にすることはないでしょう。

ただ、白いおりものの量がかなり多い場合には、先に挙げた病気などが考えられますので十分に注意してください。

また、妊娠中におりものの色が変わった時には場合によっては流産や他の病気の危険性もあります。

白いおりものが出る時に気を付ける事や対処法は?

白いおりものについては、先に挙げた病気とかではないような場合にはそこまで気にするようなことはありません。

通常の量レベルだったら対処することを気にするようなまではしなくてもいいでしょう。

ですが、量が多くなったり、病気になってしまっているようなケースですと気にする必要は出てくるでしょう。

普段から、ストレスや疲れといったものがあるときには、おりものの量が多くなってくると考えられますので免疫力低下による細菌感染も十分に注意しないといけませんので、体の調子を整えることは第一に考えることが重要でしょう。

また、普段からの清潔さを保つことも大事です。

先にも紹介しましたように、下着に通気性がいいものを利用することによって、陰部が乾きやすいようなものを利用すれば少しおりものの量が多いと気であってもムレが気になりにくいでしょうし、菌が発生しにくいような状況ができると思います。

膣内や陰部の付近も正しい洗い方で清潔にしておけば、感染症などの予防にもなるでしょう。

もし、なんらかの病気が原因ではないかと考えられる場合は基本的にはお医者さんに行って処方箋をもらうのが一番いいでしょう。

細菌の中には、自然には治らず薬がないと治らないケースもありますし、感染力、再発力もありますのでしっかりと根気よく治療していく必要があります。

基本的には、白いおりものは女性の体の健康を守り、妊娠をサポートしたりと体にとっては何ら問題ないものです。

ですが、妙に量が多かったり体に痛みやかゆみがあった利する場合には体に問題がある可能性があります。

おりものは体の健康のバラメーターですので、しっかり管理しましょう。