48歳 会社員です。

陰部が臭いと思うようになったのは40歳になってからです。

夏場に汗をかいたとき、また生理が始まる前に特に臭いが気になります。

彼と二人きりになって、エッチな雰囲気になるときに、1番困ります。

いつもと違う臭いがすると言われた時に、どきっとしました。

事前にシャワーをして、ボディソープを大目に使い、よく泡だてて洗うのですが、臭いがなかなかとれません。

陰毛のせいではないかと疑い、脱毛サロンに1年通いました。

IVO全ての毛をなくす事を目標に通いましたが、残念ながら、叶わず。

恥ずかしい事に白髪が混じっており、レーザー脱毛ができなかったのです。

そのため、仕方なく医療脱毛に通い、レーザー不可のところは、針で脱毛してもらっております。

今は、ほとんどの毛がなくなり、洗いやすくなったおかげで、少しは臭いが少なくなりました。しかし、陰部からでる液体の臭いが、若い頃と違い鼻に付く臭いであることがわかりました。

特にエッチがご無沙汰のときに、特に臭いのです。

定期的にセックスをすることは、臭いのためにも重要だと思います。

もし、できないときは、ひとりエッチをしてでもおりものをださないといけないと、しみじみ思います。

あとは、ライナーは必需品です。

パンティを直につけると、臭くなり半日もしたら大変なことになりますので、ライナーをつけ、頻繁に交換することで清潔を保つことも重要です。

おりものと、尿が混じると更に異臭がひどくなります。

40をすぎると、加齢臭もありますので、周囲から避けられないためにもケアをする必要があります。

私なりの対策方法

こまめにシャワーをすること。

トイレのときは、ビデを長めに使用すること。

パンティライナーを使用し、頻繁に取り替えること。

エッチを定期的にすること。

何しろ、性的欲求をためないこと。

脱毛を完璧にすること。

IVOはツルツルにしたほうが効果的です。

香水を使用すること。但しある程度高価なものを使用すること。

高価なものを使用することができない場合は、衣類の洗剤や柔軟剤で良い香りがするものを使用すること。

パンティのみならず、衣類の洗濯はまめに行うこと。

40を超えると汗自体も臭くなります。上着やスカートの洗濯もまめに行い、洗えないときは消臭効果のあるスプレーを使用するのも効果的です。

上記のような、努力をすることで、臭いが気にならなくなります。