私は現在35歳の主婦ですが、25歳を過ぎたあたりから陰部の臭いが自分で気になるようになりました。

ふとしゃがんだときに下から臭いが漂うことが何回かあったからです。

それは毎日ではなく一か月の中で臭いが気になるサイクルがあるように思います。

生理中の臭い対策

特に生理中は臭いが気になります。

生理中の陰部の臭いの対策として、私は匂い付きの生理用のナプキンを毎月使うようにしています。

今はとても良い香りのするナプキンも数多く販売されていて、そういったナプキンを活用すれば明らかに臭いは軽減します。

ナプキンを持ち歩いたり、使う時にもふんわり匂いが漂い心地よい気分になれます。

二十代後半くらいだったと思いますが、生理用のナプキンをトイレの箱に捨てていたところ主人に生理の匂いが気になると言われたことがあります。

当時はかなりショックを受け嫌な気持ちになりましたがそれ以来、生理の時にはトイレにいつまでもナプキンのゴミを置いておかずに、すぐ処理をするようにもなりました。

排卵日にも気になる臭い

生理の時以外にも、毎月の排卵日にはおりものと一緒に少し変わった臭いを感じる月もあります。

その場合もおりもの用のライナーを活用することで気になりならなくなりますし、下着も汚れなくて済むので気になる月は使うこともあります。

また20代後半くらいから、何箇所かニキビのようなできものが陰部に定期的にできるようになりました。

できものが出来る時は独特な匂いがする時もあります。そんな時は寝る前に市販のニキビ治療薬や軟膏をたっぷりと塗ってから就寝します。

するとできものはすぐに小さくなり、独特な匂いもしなくなります。

雑菌が原因かなと自分では思うので、できものができたらすぐに薬を塗るように心がけています。

自分に合った対策法

一時期はこまめに洗えばいいだろうと思って、ボディソープを多めに使ってゴシゴシ洗っていた時期がありました。

洗っていた周辺が乾燥してしまい、痒くなったり痛くなったりしたのでそれはすぐに中止しました。

私は敏感肌のため、ボディーソープなどを使って強く洗うことには向いていないことがわかりました。

最終的に陰部の臭いを防ぐのに自分にとって効果的な方法は、着色料などの無添加の自分に合った石鹸で毎日優しく洗うことです。

ほかにも、寝る前は下着を着けず、通気性を良くして就寝することも自分には効果的です。陰部の通気性が悪いと臭いが気になります。

家にいる間は下着を着けず、通気性をよくしておくように心がけています。

慣れ親しんだ人と会う時などに陰部の臭いが気づかれていないか不安になり困ることがあります。

自分がトイレを使った直後に、知人が使うときは神経を使うことがよくあります。

トイレに置いてある消臭スプレーを使って、次の人に臭わないように気をつけています。

親しい人に会う時は太ももなどの下半身にお気に入りの香水をつけます。

現在も臭いが気になることも定期的にありますが、出かける直前に石鹸で優しく洗うなどの方法で対処しています。


あそこのニオイを抑える人気の商品!