女性器のビラビラとは正式には小陰唇と言いますが、このビラビラの大きさや形を気にしている女性は非常に多く、胸やお尻と違って銭湯に温泉などの公衆浴場でも目にする事はないと言えます。

その為、自分のビラビラが人と比べてどうなのかは分かりにくく、どれほど仲の良い友人だとしても見比べる事はできない事から一人で悩んでいる方も多いのですが、このケースは気にしすぎてる方がほとんどです。

女性器のビラビラが大きい原因とは?

まず、女性器のビラビラが大きい原因として考えられるのは遺伝になり、これは最も多いケースとされ顔のパーツなどと同じようにビラビラが生まれつき大きいという方は少なくないと言えます。

次にホルモンバランスの影響もビラビラを大きくする原因として挙げられ、思春期や妊娠、閉経などホルモンバランスが変化しやすい時期になるとビラビラが大きくなってしまうケースが多いです。

なお、一般的に性交渉や自慰の影響でビラビラが大きくなるという説がありますが、これは何ら根拠のない風説でありホルモンバランスを考えると多少の影響はありそうですが大きな影響はないとされています。

また、日常生活においてもビラビラが大きくなってしまう要因はあると言われており、例えば椅子に座った際に強い圧力がかかれば広がってしまう事がありますし、気にするあまり引っ張っていたりすると大きくなってしまう可能性が高いです。

女性器のビラビラが左右非対称なのは気にしなくていいの?

ビラビラの大きさに次いで気になるポイントと言えば左右対称かどうかである事ですが、基本的にビラビラが左右対称である方の方が少ないとされ、そもそも人間の体は完全に対象にはなってはいません。

これはどういう事かと言うと、例えば利き腕の方が使いやすい事から自然と筋力は強化されていきますし、同じように利き足でも軸となる側の方が太くなりやすいのです。

また、人間の体は歪んでいるケースが非常に多く見られ、この場合はカバンなどをいつも同じ側の肩にかけていたり、足を組む場合でも同じ側を上にしていた場合にはバランスが崩れていくとされています。

そして、その影響はビラビラにも表れるようになっており、例えばトイレットペーパーで拭く場合や入浴の際などに決まったやり方でいるとどちらか一方だけ肥大してしまう事が多いです。

女性器のビラビラが黒い原因は?

ビラビラの大きさと左右対称であるかどうかの次に挙がる悩みは、やはり黒ずみだという方は非常に多く見られ、その理由になるのは上記の根拠のない風説が原因と言われています。

一般的に女性器のビラビラは男性経験が豊富だと大きく黒くなりやすいとされており、それは広く認識されている事からビラビラが黒いといわゆる軽い女と思われてしまうのではないかと考える方は多いです。

しかし、男性経験が豊富だと黒ずみやすいというのはあまり正しくはなく、もちろん多少の影響はありますがビラビラが黒くなってしまう最大の要因は摩擦など外部からの刺激になります。

例えば上記のようにトイレットペーパーで拭く場合でもビラビラへの刺激となりえますし、お風呂でデリケートゾーンを洗う場合も当然ビラビラへの刺激となり、その刺激への防御反応としてビラビラは黒くなっていくのです。

これは日焼けと同じメカニズムになっており、紫外線の影響から肌を守るためにメラニン色素が生成される事が大きなポイントで、摩擦による刺激から肌を守るために生成されたメラニン色素がビラビラを黒くしていきます。

また、その他にもビラビラへの刺激になってしまう要因はあると言われており、下着の締め付けや食い込みなどもそうですし、生理用品も素材などによってはビラビラへの刺激となる事が多いです。

女性器のビラビラが黒い時の対策方法は?

女性器のビラビラが黒くなってしまった場合の対処法になるのは、大きく分けて二点あり一つは刺激を可能な限り抑えることで、もう一つは肌のターンオーバーを正常化させる事になります。

まずビラビラへの刺激を抑える方法としては、自分の肌に合ったトイレットペーパーを用意したり生理用品を選ぶ事となり、いくつかの商品を試してみて柔らかく刺激の少ないものから選択することが良いです。

次に入浴の際にはできる限り優しく洗う事が重要になっており、力を入れてゴシゴシと洗うよりは泡で包み込むように洗った方が刺激は少なくさるとされ、この時にはデリケートゾーン専用の石鹼を利用すればより効果的と言えます。

そして、下着の選び方についてですが、こちらは下着専門店でしっかりサイズを測ってもらうことがオススメされており、自分に合った下着というものは一般的なサイズ表記とは違っている事があるのです。

自分にピッタリと合っている下着ならば、締め付けや食い込んだりして余計な圧力がかかる事も少ないですし、逆に余裕がありすぎて下着とビラビラが擦れてしまうと言った問題も解決できます。

次にターンオーバーの正常化に関してですが、基本的に人間の肌はおよそ一か月で新しく生まれ変わりますが、このサイクルが乱れてしまうと肌が黒ずんで見えるようになってしまうのです。

さらに、黒くなってしまった肌がいつまでも残っていると色素沈着を起こしてしまうこともあり、そうなってしまうと改善には非常に長い時間がかかりますし、場合によっては改善できない事もあり得ます。

したがって、そうなる前にターンオーバーを正常に戻す事が重要なのですが、その為のポイントとなるのは意外と単純な事で、規則正しい生活をしていれば自然とターンオーバーは正常化することがほとんどです。

その規則正しい生活とは、バランスの良い食事に十分な睡眠時間、適度な運動などいわゆる健康的な生活だと言われていますので、これはビラビラの黒ずみ対策以外にもメリットは大きいと言えます。

手っ取り早いのが、黒ずみ改善の美白クリームや石鹸を利用するのが一番です。



  1. 陰部の黒ずみの人気クリーム

    VIOラインの黒ずみに塗るだけで美白!
    お客様満足度96.7%で多くの方に使われています。



    1. 黒ずみで人気のソープ

      陰部の黒ずみは毎日のお手入れで気にならない。
      雑誌でも紹介されている人気のソープで改善しましょう

      女性器のビラビラを小さくする手術はどういうもの?

      ビラビラを小さくする手術は小陰唇縮小術と呼ばれており、個人差が大きいのですが時間にして大体30~40分、長くても1時間程度で終了で、ほとんどの場合は日帰り手術で料金はおよそ20~30万円程度とされています。

      具体的な手術内容は最初にカウンセリングを行い、そのカウンセリングに従ってビラビラを切除して縫合するのですが、この時には局所麻酔のケースもあれば全身麻酔と言うケースもあり、この点を決めるのもカウンセリングです。

      したがって手術自体は簡単ですが、小陰唇縮小手術ではどれだけカウンセリングをしっかり行ってくれるかが最重要ポイントとなりますので、例え全国展開しているような大きなクリニックでも情報収集しておく事が大切になります。

      また、その際にはいくつかの口コミサイトを参考にしてより正しい情報を集めると共に、そのクリニックで施術を行う医師の評判も調べた方が良く、クリニック自体は問題なくても医師の評判が悪ければ信頼性は低いです。

      さらに、病院の顔とも言える受付も大きなカギになっており、電話での応対が丁寧であればあるほど安心できるクリニックと言えます。

      なお、クリニックによっては再手術を受けている所もありますが、ビラビラを小さくし過ぎていた場合には非常に難しいものになるとされています。