すそわきがとは脇の下のわきがと同じメカニズムの陰部や特定の部位の臭いのことです。

このすそわきがはパートナーとの関係で問題になるだけでなく日常でもとても気になるものです。

性行為の時などにも臭いが気になってパートナーとの関係に集中できないというデメリットもあります。

このすそわきがを悪化させず、なおかつ抑えるにはどのような対策が必要なのでしょうか。

すそわきがを悪化させる原因

食生活の乱れ

すそわきがは脇の下と同じように陰部や乳輪などの周辺にあるアポクリン汗腺というものが原因になって起こるものです。

このすそわきがには脂肪や尿素、タンパク質、アンモニアなどが含まれていますが、これが皮脂線から出る脂肪酸などと混ざり合い菌が増えることで臭いが強くなるのです。

ですから肉や乳製品などの動物性タンパク質の多い食事、脂肪分の多い、揚げもの、ジャンクフードなどはこれらの状態をより増やしてしまい臭いを悪化させることになります。また、同じく糖分もすそわきがにはよくない成分です。

他にも臭いの強い食べ物、ニラ、ニンニク、キムチなどもすそわきがの臭いを強くとされています。

さらに腸内環境の悪化などもすそわきがに繋がるものです。抗酸化作用のある食品も効果的であるとされています。

すそわきがを悪化させないためには食生活の見直しが大切です。

汗の放置

すそわきがが悪化する二つ目の原因はかいた汗をそのままにしておくことです。

汗をかくと服や下着の中にコリネバクテリウムなどの雑菌が増殖し、すそわきがを悪化させます。

特に汗をかきやすい人はまめに拭いたり、ケアすることが必要です。

ストレス

人が緊張するとアドレナリンや男性ホルモンが分泌されますが、これは体に汗を出すようにするものです。

そのためストレスが溜まると汗をかきやすく、それをエサにする雑菌も増えやすい環境になります。

いっけん、ストレスとすそわきがはなんの関連もなさそうに思えますが実はストレスも臭いに関っているのです。

ストレスを全て解消するのはなかなか難しいことですが、疲れているなと感じたらまめに休憩するなどリラックスを心掛けてすそわきがを予防しましょう。

恥垢(ちこう)

すそわきがは、デリケートゾーン周辺に溜まる、恥垢と呼ばれる垢から発生していることもあります。この恥垢は分泌物や体液などが元となっている汚れで固まって取れにくくなっていることもあります。

この恥垢が取り切れていないままだとすそわきがの臭いが悪化してしまう原因となります。

ホルモンバランスの乱れ

すそわきがは女性の方が多いと言われていますが、これは女性が妊娠、出産、更年期などでよりホルモンバランスが乱れやすいからです。

このような時期にたくさんホルモンが分泌されすぎる、もしくは変化で体質が変わりすそわきがになることもあります。

女性ホルモンの問題を変えることは難しいので、例えば大豆製品など女性ホルモンを整える製品を摂取するなどして対策をするとよいとされます。

すそわきがを悪化させない対策方法

防臭効果のある製品を使う

通常のわきがは手術をすることも可能ですが、すそわきがは場所がデリケートゾーンということもあり、手術をして改善するのが難しい部分です。

すそわきがは手術をするよりもデオドラントに気を使う方が現実的な方法のようです。

すそわきがの原因となるのは雑菌なので、この雑菌を増殖させないことや、その元となる汗を抑えることができれば臭いは改善していきます。

例えばすそわきがに効果的な製品としてクリオネアがあります。クリオネアは制汗、殺菌、消臭効果に非常に優れた物で、すそわきが以外にも体臭、足臭、脇の下のわきがに悩む人にも効果的です。

クリオネアの殺菌効果は99%以上とされ、消臭効果も朝使うと1日持続する強力なものだということです。

肌の弱い人にも安心して使えるような成分であるのも嬉しいポイントです。

他にもすそわきがに効果が高い製品としてはコラージュフルフル泡石鹸や、ノアンデといった製品があります。

コラージュフルフル泡せっけんは、すそわきがの臭いはもちろん、かゆみ、カンジタなどにも効果的な優れものです。

ノアンデは長時間、陰部の周囲などの臭いを抑えてくれるクリームなので、外出先でのパートナーとの関係などで役立ちます。

すそわきがを抑える商品は高額であるよりも、肌に優しく安全に使えるかどうかを重視して購入するようにしましょう。

恥垢を落とす

恥垢とは先ほど書いたようにデリケートゾーンの垢のことですが、この部分もすそわきがを悪化させないためには正しく洗うことが大切です。

恥垢は落としたいものですが、ゴシゴシと洗うのはNGです。恥垢はデリケートゾーン専用のソープを使用して指の腹で傷つけないように優しく洗浄します。

なぜデリケートゾーン専用ソープで洗う必要があるのかと言えば、通常のボディソープは洗浄力が強いため、陰部周辺にいる良い働きをする菌まで殺菌してしまうからです。
このような善玉菌を殺菌してしまうと、臭いを余計にひどくさせる可能性があるだけでなく、黒ずみ、炎症などを引き起こすことがあるからです。

さらにデリケートゾーンと呼ばれるぐらいですから、非常に皮膚が薄くもろい部分でもあります。ゴシゴシと洗うと傷になり出血することもあるのです。

また、もし指で洗うのが怖いなら先端の丸い綿のついた綿棒で洗うという方法もあるようです。

しかしこの方法の場合も強くこすりすぎないように十分に注意して行うようにしてください。

食生活は肉、油を控える

すそわきがは肉、揚げもの、糖分、臭いの強い食品などを摂取しすぎることで引き起こされますから、これらの食習慣を改善することも必要です。

すそわきがを改善していくためには、魚や野菜を肉よりも多く摂取するようにしたり、ジャンクフードや過剰な糖質の摂取なども控えるようにすることが大切です。

また、料理に使用する油もオリーブオイルなどの植物性のものにするとより効果的なようです。

どうしても野菜が摂取できない時でも野菜ジュースや小さいサラダを食べるなど心がけるとすそわきがの改善にもつながります。

VIOラインの処理をする

すそわきがは下着の蒸れなどによっても引き起こされるものです。

そのため、VIOラインつまり性器や陰部周辺の毛などを処理することで蒸れにくくなり、臭いが改善するということもあります。

このような処理は自分で行うこともありますが、清潔な器具で行わないと衛生面に問題があることもあるので、脱毛専門のクリニックで行うこともできます。

すそわきがに悩む人はこのようなことについても検討してみてもいいかもしれません。

自宅で処理を行うのであれば熱湯などで殺菌消毒して安全に脱毛してください。

まとめ

いかがでしたか?すそわきがが悪化してしまう要因は食生活や汗をそのままにしているなど生活習慣が大きく関っているようです。

すそわきがかもしれないと思ったら肉でなく野菜中心の食生活にしたり、制汗効果のある製品を使用してみるとよいでしょう。

また、ストレスもホルモンが汗の分泌を促すのですそわきがには大敵のようです。

すそわきがに悩んでいるという方はぜひこれらのポイントに気をつけて改善をしてみてください。