デリケートゾーンから玉ねぎのような臭いがする……」このような悩みを抱えている方は、実は少なくありません。

でも、まんこ(陰部)の臭いというのは文字どおりデリケートな話題ですから、なかなか相談しづらいものです。

女性の方ならなおさらですよね。

原因を知って対策をしましょう。

対処すれば臭いはおさえることができます。

まんこ(陰部)の玉ねぎ臭は、すそわきがが原因であることがほとんど

玉ねぎに似た強い臭いの原因は、ほとんどの場合、すそわきがです。

すそわきがというのは、シンプルにいえばわきがの症状がデリケートゾーンに現れたもので、臭いが発生するメカニズムも、わきがとまったく同じです。

わきがは、汗腺のアポクリン腺から分泌された汗が、皮膚の常在菌によって分解され、独特のにおいを発生します。

このアポクリン腺はわきの下の他には、へそ周り、耳の中、乳首周り、そしてまんこ(陰部)の周辺に多く分布しているのです。

そのため、まんこ(陰部)のアポクリン腺から汗が分泌され、それが常在菌によって分解されると、玉ねぎのような臭いになります。

わきの下のわきがの場合も、玉ねぎやネギのような刺激臭といわれることがありますよね。

すそわきがは玉ねぎ臭だけ?

この記事では玉ねぎの臭いをピックアップしましたが、他には、酢やスパイスのクミンに似た酸っぱいような臭い、鉛筆の芯に似た苦いような臭い、納豆の臭いなどの場合も、すそわきがである可能性があります。

アンモニアや生臭いような臭いの場合は、これは単純に、皮膚常在菌のバランスが乱れているために発生している臭いで、すそわきがではありません。

また、すそわきがの場合は、臭いがはっきりと強いという特徴もあり、これも判断基準になります。

他の症状がともなう場合は、性病の疑いも

玉ねぎ臭の他に、デリケートゾーンに強いかゆみがある、膿が出ている、女性の場合はおりものの色が緑がかっていたり、ぽろぽろしたかたまりになって出るなど、デリケートゾーンに異常が見られるときは、これは何らかの性病に感染している可能性があります。

とはいえ、性病の場合は、玉ねぎ臭よりはむしろ、魚が腐ったような腐敗臭や、刺激臭がする方が一般的です。

かゆみや膿の有無など、玉ねぎの臭い以外の症状を重視して判断されることをおすすめします。

玉ねぎ臭を抑えるには?

玉ねぎ臭を抑えるには、まんこの臭い対策専用のクリームを使えばニオイを消臭する事が出来ます。

職場やデートの時などでもトイレで簡単に使えるので専用クリームはかなりおすすめです。

イザと言う時にすぐに使えるので、まんこの臭いの悩みから解放されます。

臭いの悩みがなくなれば毎日がより楽しくなりますね。




すそわぎがの原因

では、すそわきがが現れる原因を見ていきましょう。

遺伝

すそわきがが出る直接の原因は、前述のアポクリン腺の数や大きさです。

アポクリン腺は誰にでもある器官なのですが、大きさや数は人によって違います。

アポクリン腺が大きかったり、数が多いと、汗の分泌も活発になるため、臭いやすくなってしまうのです。

これは、遺伝による影響がいちばん大きいとされています。実際、両親のうち、父・母どちらかにわきががある場合は50%、両方にわきががある場合は75%の確立で、子どももわきがになるという統計があります。

常在菌の数

しかし、アポクリン腺から分泌される汗そのものは、ほとんど臭いがありません。

上のほうで少しふれましたが、皮膚の常在菌によって汗が分解されると、そこで初めてわきが臭が発生します。

皮膚常在菌はいくつか種類がありますが、その中でわきが臭を作るのは「ジフテロイド菌」という常在菌です。

どの常在菌が皮膚に多くいるかは、人によってバランスはさまざまなのですが、体質的にジフテロイド菌が皮膚に多くいる方は、わきがになりやすく、デリケートゾーンも臭いやすくなる、ということになります。

食習慣

でも、なぜアポクリン腺から出る汗だけが臭うのか、少し不思議ですよね。

わきが体質の方も、わきの下は臭っても、暑いときに全身にかく汗は、いわゆる汗臭さがあるだけで、強い臭いがしないのが普通です。

これは、汗の成分が異なるため。体温調節のために分泌される汗は、ほとんどが水分です。一方、アポクリン腺からの汗は脂肪とタンパク質が多く含まれています。

汗そのものというよりも、正確にはこれらの脂肪・タンパク質が分解されることが、臭いの原因です。

そのため、日常的に動物性脂肪や動物性タンパク質の多い食事をしていると、汗の中にも脂肪やタンパク質が多く含まれることになるため、より臭いが発生しやすくなってしまいます。

デリケートゾーンの人気のボディソープ

多くの菌は、温かくて適度な湿り気のある環境を好みます。

わきが臭の原因になっているジフテロイド菌もまた同様で、温かく湿気のある環境で、活動が活発になります。

体にぴったりとフィットするショーツやボクサーパンツ、通気性の低い化学繊維の下着を着けていると、下着の中の温度や湿度が上がります。

そうなるとジフテロイド菌が活発に汗を分解することになり、臭いが発生しやすくなってしまいます。

なので、細菌を繁殖させない為には毎日のお風呂でのケアもおすすめです。

毎日使用する事によりデリケートゾーンを清潔に保つ事がでます。





女性特有の要因も

女性の場合、生理中の経血や、普段でもおりものなどの分泌物が下着に付着して蒸れると、不快な臭いになってしまうことがあります。

それがすそわきがの臭いと混じると、玉ねぎ臭がより強くなったり、悪くなったチーズのような、別の悪臭に変化してしまうこともあります。

まんこ(陰部)の臭いの対策方法

日常生活

わきがの原因になる、動物性タンパク質や動物性脂肪の摂取は少なくして、野菜や植物性脂肪を多く摂ります。

動物性タンパク質を摂る場合は、魚介類がおすすめです。

また、抗酸化物質であるビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノール、クエン酸などを摂ることで、体の中から臭いのもとをおさえることができます。

殺菌作用のせっけん、クリームを使う

デリケートゾーンには、アポクリン腺から分泌された汗が付着していますから、汗をしっかり洗い流しましょう。

ジフテロイド菌も除去することができるよう、殺菌作用のある薬用せっけんがおすすめです。

ただし、デリケートゾーンの粘膜は弱いので、洗浄力の強すぎるものを使用すると、粘膜が荒れたり、常在菌のバランスが乱れて、あらたな臭いの原因になってしまうこともあります。

ジフテロイド菌は確かにすそわきがの原因なのですが、悪い雑菌から皮膚を守るという機能もあります。強すぎないせっけんを選びましょう。

また、デリケートゾーン用のデオドラントクリームも販売されています。すそわきがに使える製品もありますので、外出時などに使うと安心です。




陰部用クリームの選び方はこちら



治療

病院で治療を受ける方法もあります。

すそわきがは、婦人科、皮膚科、形成外科、美容形成外科/美容整形外科などで、扱ってもらえます。

とりあえず、女性は婦人科、男性は皮膚科で相談するのが、ハードルが低くてよいのではないでしょうか。

治療法は、症状が軽いか重いかによって違ってきます。症状が軽い場合は、飲み薬や、汗をおさえる制汗薬を塗布する治療が行われます。

症状がやや重いと診断されたら、ボトックス注射や、汗腺を熱で焼く電気凝固法など、患部にメスを入れない範囲の治療が選択されます。

症状が重度である場合は、アポクリン腺そのものを出術で摘出する方法がとられることもあります。

ただ、大きくないものの傷が残りますし、わきの下のように大きく切開することができないため、汗腺を取り残してしまうリスクもあります。

治療法についてはそれぞれメリットとデメリットがありますから、医師とよく相談して決めましょう。

なお、すそわきがの治療は、保険が適応されないこともあります。その点についても、病院の説明をよく聞いてください。