股の黒ずみの原因は?

普段は隠れている股ですが、黒ずみで悩んでる女性は意外と多いものです。

夏のプールや海、友達との温泉やスパ、パートナーとの大切な時間など、股の黒ずみが気になるシーンは色々とあります。

そんな股の黒ずみの原因は一体何でしょうか。

下着や衣類による摩擦

女性だったらかわいい下着にこだわりたいと、ゴージャスなレースの下着やビーズなどをあしらったものなど、デザイン重視で選ぶものです。

締め付けが強かったりテロンとした化学繊維が使われています。

そんな下着と股がこすれて摩擦を起こすと、肌が傷ついてしまいます。

常に摩擦で刺激を受け続けると肌はダメージから守ろうとする機能が働いて、メラニンを過剰に作り始めます。

それが肌に沈着して、黒ずみになってしまいます。

下着だけでなく、ストッキングやガードル、スリムなパンツなど、肌と摩擦を起こしやすく蒸れやすいものは黒ずみの原因になります。

生理用ナプキンやおりものシートによる摩擦や蒸れ

生理用のナプキンやおりものシートなど、下着以外にも肌と摩擦を起こしやすいものはあります。

これらは通気性が悪いですから摩擦以外にも汗や体温で股が蒸れやすくなります。

蒸れによる肌の炎症やかゆみは肌にとっては大ダメージで、傷ついた肌を守ろうとしてメラニンが作られて黒ずみができてしまいます。

アンダーヘアの自己処理による刺激

身だしなみとしてアンダーヘアの自己処理をしているなら、間違った方法が肌を傷つけています。

カミソリや毛抜き、除毛クリームなど手足なら大丈夫な処理方法でも、皮膚が薄いデリケートゾーンでは肌ダメージが大きすぎます。

特にアンダーヘアは太くてしっかりした毛が生えていますから、ついむきになって過剰なお手入れをしてしまいがちです。

定期的な自己処理による刺激が肌にとっては黒ずみを招いてしまいます。

肌の乾燥で角質が厚くなる

股も顔や体と同じで、乾燥すれば肌のコンディションが落ちてしまいます。

ターンオーバーが狂って本来ならはがれるべき古い角質がそのまま残ってしまって、角質が厚くなり黒ずみになります。

肌がゴワゴワと硬くなっていたり、表面がざらついているようなら、股が乾燥している印です。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠出産で股の黒ずみに悩む女性も多いです。

女性の体は妊娠出産で大きく変化しますし、ホルモンバランスの乱れによってメラニンが過剰に作られて色素沈着します。

出産後、半年くらいでホルモンバランスは元に戻りますから、黒ずみも徐々に薄くなっていきます。

ホルモンバランスの乱れは生理や生活習慣の乱れなどでも起きますから、注意が必要です。

股の黒ずみの対策方法は?

股の黒ずみは摩擦や肌が傷ついてメラニンが作られることと、乾燥などで角質が厚くなりターンオーバーが乱れることが原因です。

摩擦や肌へのダメージを減らし、肌状態を正常に保つことが改善への道です。

下着や身に着けるものに気をつける

かわいい下着は女性としては確かに魅力的ですが、デザインよりも機能性を重視して選びましょう。

締め付けが強くないものや飾りがないもので、通気性に優れたものがベストです。

太ももの付け根が黒ずんでいるようならゴムの締め付けが強いですから、ボクサーショーツにしてみましょう。

コットンやシルクの天然素材の下着なら、肌へのダメージは少ないですし通気性がいいのでおすすめです。

蒸れやすいストッキングや補正下着、摩擦が起きやすいスリムなパンツは避けるようにしましょう。

生理用品などを見直す

生理用ナプキンやおりものシートも、蒸れにくくて肌への刺激が少ないものを選びましょう。

色んな衛生グッズが出回っていますから、低刺激で通気性のいいタイプもあります。

かゆみやかぶれがひどいなら、思い切って布ナプキンに変えてしまうのも手です。

通気性がよくて肌を傷めないので、かゆみなどの悩みも改善されやすくなります。

VIO脱毛でプロに施術してもらう

アンダーヘアはどんな自己処理方法でも、多少なりとも肌が傷ついてしまいます。

今は脱毛が安くなっていますから、繰り返しムダ毛処理をしなくてもすむVIO脱毛を受けてしまいましょう。

肌には影響しない方法でアンダーヘアをどんどん減らしていけて、つるつるにしてしまうこともできます。

施術するのは肌の知識や脱毛の技術を身に付けたプロですから、安心してまかせられます。

自己処理そのものが不要になりますから手間と時間を省けるだけでなく、肌の回復力を高めて黒ずみケアにもなります。

デリケートゾーン専用ソープのすすめ

普段使っているボディソープは洗浄力に優れていて、体の汚れをしっかり取るのには向いていますが、デリケートな股には刺激が強すぎます。

黒ずみ対策をするなら、やはりデリケートゾーン専用のソープを使うのがおすすめです。

低刺激で肌に安全な成分でできていて、安心して股に使えます。

適度な洗浄力で潤いを奪いすぎず、肌の乾燥を抑えてくれます。

黒ずみケアに役立つ成分が配合されていたり保湿効果がありますから、肌のコンディションを高めるのにも向いています。

専用ソープをたっぷりと泡立てて、手で優しく洗うのが基本です。

スポンジやナイロンタオルは肌を傷つける元ですから、使わないようにしましょう。

ソープが股に残っていると黒ずみの原因になりますから、すすぎを徹底するのも重要です。

保湿ジェルやクリームで乾燥を防ぐ

皮膚が薄い股はお風呂上りにそのままだと、乾燥しやすくなります。

角質が厚くなったりターンオーバーの乱れにもつながりますから、お風呂上りにはしっかり保湿するようにしましょう。

化粧水のようなローションタイプの保湿剤よりも、ジェルやクリームタイプの保湿剤がおすすめです。

脂溶性の保湿力の高い成分がたっぷり入っていますし、潤いを閉じ込めるパワーが強いですから乾燥をしっかり防いでくれます。

ターンオーバーが正常化されればメラニンを排出しやすくなり、黒ずみが薄くなるスピードも早くなります。

デリケートゾーン専用の美白クリームでケア

黒ずみ対策のメインでもあるのが美白ケアです。

日焼けやシミと同じメラニンが黒ずみを作っていますから、黒ずみを改善するためにはメラニンを抑制する必要があります。

美白成分にはメラニンを抑制して黒ずみや色素沈着を予防する効果があります。

継続して美白ケアを行えば、徐々に黒ずみも薄くなっていきます。

ボディ用の美白クリームをデリケートゾーンに使うのは止めておきましょう。

股は腕や足よりも皮膚が薄くて刺激に弱いですし、粘膜近くなので何かあっては大変ですから、デリケートゾーン専用の美白クリームを使うのが重要です。

デリケートな部分に安心して使えるように刺激になる添加物が不使用ですし、保湿力も高く塗りやすい形状です。

プラセンタエキスやトラネキサム酸など、メラニンの抑制作用に優れた美白成分が入ったものが良いでしょう。



イビサクリームの口コミや正しい使い方はこちら!



思い切って皮膚科で診てもらう

黒ずみ対策はセルフケアだけではありません。

皮膚科や美容皮膚科で診てもらえば、早期回復につながります。

皮膚科なら治療方法が豊富で、内服薬や外用薬、ケミカルピーリングやレーザー治療などがあります。

その人の黒ずみの状態や希望に合った方法を選ぶことができて、手間がかからず安全な方法で治療できます。

股を診てもらうのに最初は抵抗を感じるかもしれませんが、すぐに慣れてしまいます。

恥ずかしさよりも悩みを改善する方にウエイトを置いて、夏の水着を堂々と着たりパートナーが喜ぶ姿を思い描いて、勇気を出して病院へ行ってみましょう。