今から数年前の28歳の頃付き合っていた彼女との話です。

当時私はソフトウェア関係の会社で働いていて、職場の同僚の紹介で知り合った彼女がいました。

本当に性格のいい明るい女の子でとても好きでしたし、むこうも私の事をとても大切に思ってくれているようで幸せな毎日を送れていました。

そんな彼女と、おそらく付き合って3ヶ月ほどした頃の話です。

住んでいる家はそこまで近くはなかったのですが週末はだいたい一緒に過ごしていて、夜は私の家に泊まって翌日帰るような感じで二人でのんびりお家デートを楽しんでいました。

夜には恋人同士なので体で愛を伝えあっていました。

だんだんと営みに恥ずかしさがなくなっていくと積極的にもなっていくもので、ある時彼女の陰部の臭いがとても嗅いでいられない臭いだということに気が付きました。

それでも彼女の事が大好きでしたしデリケートなことだと思ったので、その時はできるだけ表に出さずに行為を続けましたが正直耐えられないくらいの臭いでした。

私は男なので女性の陰部の臭いがどういう原因で臭ってしまうのかなどわかりませんでした。

伝えれば絶対にショックを受けてしまうと思い、伝えることができませんでした。

ただ、できるだけ嗅ぎたくはなかったので行為中も顔を近づけないようにしたりしてはいました。

もちろんその事を知ってから彼女が嫌いになったりなどは全くなく、逆に私がそう感じてしまったことで彼女を傷つけてしまわないかのほうが心配でした。

彼女はズボラな性格などではありませんでしたので、洗っていないから臭っているなどではないだろうと思い、自分で少し調べてみたりしました。

ですが体調のせいだったりもするようで、その時は明確な答えは見つかりませんでした。

それから数年後にたまたま職場の同僚とそういう話になった時があり、脱毛するといいという話を聞きました。

その頃彼女とは結婚はしていませんでしたが同棲していたので、翌日にその話をしてみました。

もちろん臭いが臭いから脱毛してほしいなどとは言わずに、興味があるなら行ってきていいよと伝えました。

お互い働いていましたが生活費は共同にしていたのもあって、それなりに経済的に余裕もあったので、それから彼女はVIO脱毛に通うようになりました。

数ヶ月して脱毛を終えた頃に夜に臭ってみましたが、昔嗅いだような臭いは全くしませんでした。

今思うと私は軽いトラウマになっていたのもあって、あれ以来一度も確認したりはしていなかったので脱毛の効果で臭いがなくなったかはわかりませんが、何はともあれ嫌な臭いがしなくなってよかったと思います。