私は34歳の専業主婦です。

去年までは正社員で働いていたのですが、主人の転勤に伴いしばらく専業主婦をしています。

陰部が臭いと気づいたのは25歳くらいで当時付き合っていた彼氏の友達が、その彼女の陰部の臭いを「腐ったチーズ」と表現していたのがきっかけです。

それで自分もそういった臭いがするのではないかと心配になってしまい、おりものシートを嗅いでしまいました。

「腐ったチーズ」まではいかなかったですが、無臭ではなかったことが少しショックでした。

それまでは無臭だと思っていたからです。

陰部の臭いで困っていることは、おりものシートがかかせないことです。

面倒くさがりで織物シート無しで過ごしてしまうこともあるのですが、おりものシートをしないとショーツまで臭いがうつり更にストッキングやジーパンやパジャマなどにまで浸透してしまうことがあります。

年齢を重ねるごとに織物の量も多くなり、臭いもきつくなったように感じます。

特に生理の前後は通常よりもひどい臭いのような気がします。

以前少しだけショップ店員をしたことがあるのですが、パンツを試着をしたいと仰るお客様がいらっしゃって試着をされたのですが、試着された後のパンツをお預かりしたところ明らかな陰部の臭いがうつっていました。

女性なら誰でもわかるような鼻がツンとするようなすっぱい臭いでした。

それから店頭に置いてあるパンツを買うことを躊躇ってしまうようになりました。

陰部の臭いを防ぐために、専用のソープで洗ったことがあります。

しかし私には効き目が無かったように感じました。多少は軽減されましたが、普通のソープで洗ったのと大差はありませんでした。

なので常に清潔にすることを心掛けています。

おりものシートはこまめに取り換えるようにするとか、トイレに入ったらビテを使って洗浄するなど行っています。

膣内は洗いすぎるといけないのであまり奥までは洗えませんが、お風呂でもしっかり洗います。

夏場はなるべく蒸れないように通気性のよい下着をつけています。

現在、不妊治療をしているのでクリニックに行くと必ず内診があります。

その時は臭いがしないかとても不安で心配しています。

先生はマスクをされているので、よほどきつい臭いでない限り大丈夫だとは思いますが、

ただでさえ恥ずかしい内診なのでせめて臭いだけはさせないように、なるべく内診の直前にシャワーを浴びるようにして清潔な状態で診てもらうことを心掛けています。


あそこのニオイを抑える人気の商品!