現在、専業主婦40代の私です。

女性ならもともと生理の時には、ある程度のまんこのニオイを感じたりしませんか?

私は、この年40代に入るまでは、そういうニオイの強さでした。

ですが、その40代になった頃からすごく気になり出したのです。

トイレに行った時などにふわっとニオイがしてそれがきついのです。

最初のうちは、おりものが出ているのかと思ったり、生理の来る前の少し始まった感じだとか、そういうふうに思っていました。

ですが、違います。
最近では頻繁にニオイを感じるようになっています。

このニオイ、特にスキニーのデニムなどぴったりしたものを履いていると、インナーとぴったりと重なってしまいニオイがそのまま外に出てしまったりします。

なので、生理が始まりそうな時は、履かないようにして、また生理になっているときは、締め付けないようなガウチョパンツやスカーチョのようなボトムにしています。

生理の時にあえてスカートを履かないのは、そのままスカートのふわっとなった時のニオイが漏れないようにするためです。

もちろん、生理の時は、さらに、ニオイがきつくなります。

生理が終わる頃のパットもつけなくても大丈夫な頃でした。

たまたまはいったサービスエリアのトイレで私が出たあとにすぐ次の人が入ったのです。

そして「うゎー何?くさー」と言われてしまいました。

自分自身でもその日はすごくニオイがきついことを感じていたので、仕方がありません。でも女性ですし、心に刺さりました。

それからは、どうしたらニオイがきつくなるのを少しでも押さえることができるかをいろいろ試してみたのです。

例えば、おりものがある日はパンティライナーのデオドラントのものを使ってみたりもしました。

ただ、パンティライナーは、取り替えるタイミングがなく時間が長くなってしまうとさらに蒸れがでて悪化してしまいます。

それから、ナイロンのインナーは下の部分にコットンがついているものでないと、ナイロンは吸収することはないので、そのままニオイが出てしまいます。

ということでインナーは、やはりコットンで作られているものを選びます。

さらに、毎日の入浴の際に2度洗っています。それは、1回目は、汚れを落とすため、二回目は完全にニオイを取るためです。

ごしごし洗うのはデリケートな部分なので、できません。

もしごしごし洗いを続けてしまうと体を守る本来の分泌物や皮脂も落としてしまうことになり、逆に感染症の危険が出てしまいます。

こうして、自分なりのケアをすることで、ニオイはあまり感じなくなりました。

もちろん生理の時は、別のニオイもありますから。

そこは防げません。ただ、意識していれば、それほど気にするまでにはならないです。