私は現在26歳で医療関係の事務の仕事をしています。

高校時代からそれなりに女性と縁があり、性行為の経験も10人程度ありました。その10人に関しては陰部の臭いで困ったという経験はありませんでしたが、1年ほど前に陰部の臭いで困る経験をしました。

その女性は、私の職場の先輩で年齢は、7歳上の33歳でした。

童顔ということもあり、年齢の割にはとても若く見え、職場でもマスコットのような感じの方だったのですが、私は入職した6年前から、好意をもっていました。

しかし、職場の先輩でかなり年齢も上ということもあり、積極的に話しかけるということもできませんでした。

年数が経つにつれて、仕事の話からプライベートの話までする仲になっていきました。

そして、ついにその女性といい感じになる時がきました。

それは、職場の忘年会の際だったのですが、いつもはお酒を飲まない女性が忘年会だからといってお酒飲んでいました。

みんな、珍しいということでどんどんとお酒を注いでいき、終わるころには女性は完全に酔っぱらていました。

また、忘年会ということもあり全員が酔っぱらていたこともあり、若手の私が全員を介抱しながらタクシーなどの手配をしていきました。

最後に私と女性が残るように、計画的に全員をタクシーに乗せていきました。

そして二人きりになった段階でダメもとで先輩を近くのホテルにさそいました。

酔っていたこともあり、即OKとなり二人でホテルへ向かいました。

私も飲んでいたこともあり、どんどんとムラムラとしていきました。

ホテルに着くや否や、先輩をベットに押し倒しました。嫌がる素振りもなく、むしろ性行為をしようといった感じだったので、性行為を始めました。

しかし、パンツを下ろした途端何とも言えない生臭いような臭いと汗の混ざったような臭いを感じました。

シャワーを浴びることなく行為に臨んだので当然と言えば当然ですが、少し引くくらいの臭いでした。

しかし、初めてしまった以上最後までしなければならないと思い、とりあえず最後まで行為を行いました。

その最中も臭いを感じ、萎えてしまうときがありましたが、なんとか頑張りました。

朝を迎え、手の臭いを嗅いでみたのですがその臭いがしみついてしまっていて、すぐに手を洗いにいきました。

しかし、1度の手洗い手は臭いが落ち切らず、なんども手を洗いました。

先輩も起床し、赤面しながら今日のことは内緒だよと言っていましたが、すぐに臭いのことが頭をよぎりかわいいと感じなくなってしまいました。

臭いのことは、女性も知らないですし、言って女性を傷つけるのも嫌だったこと、また言ったらその後とても気まずくなりそうだったので、自分の中だけで抑えておきました。

その後臭いのせいですっかりと、女性に対する好意は無くなりました。

また、職場でも普通の先輩、後輩として接しています。

特にその後お互いに誘うということもなく、性行為もその時の1度以外していません