私は34歳・医療系スタッフとして病院に勤務しています。

5年ほど前、当時お付き合いしていた20代前半の女性との経験談です。

その女性とは職場の先輩の紹介を介して知り合いました。

とても素敵な女性で、紹介されてすぐに好きになり私から告白してお付き合いを始めました。

お付き合いを始めて1か月、夜のデートで海に行った時の話です。

人気のないところに車を止め会話をしていたのですが、いい雰囲気になり車のなかでイチャイチャしていました。

その時徐々に盛り上がり、女性の陰部を少し触りました。

場所が外だったので続きはホテルで、と車を走らせることにしました。

なにかの拍子でふと自分の指が鼻の近くに来た時、指から独特な臭いがする事に気が付きました。

私は臭いに敏感な体質で、自分の体臭や口臭にも日ごろからとても気を使っています。

自分の指から臭う悪臭の原因にすぐ気が付き、一気に気分が萎えてしまいました。

それ以上の行為を続ける気にならず、その日はなんとか理由をつけてお別れしました。

後日その女性と再びデートをしました。

前回お別れするときに「次回は続きをしよう」といって別れたこともあり、食事のあとそのままホテルに行きました。

前回は相手も汗をかいていたのかもしれない、とか、体調が悪かったのかもしれない、と前向きに考え、行為の前にしっかりお風呂に入れば大丈夫だろうと前向きに考えました。

お互いしっかりお風呂に入り、ベッドインしたのですが、前回の印象が強かったのでなかなか陰部に触れることができませんでした。

しかし、このまま全く触らないのも不自然だと思い、意を決して触ることにしました。

一通り触ったあと、できるだけ指の臭いをかがないように続きを行ったのですが、女性の頭を抱きしめたときふと自分の指が鼻のところに触れ、思わず臭いを確認してしまいました。

今回はしっかりお風呂に入ってもらっていたのですが、やはり前回と同じ臭いがしました。

前述したとおり、私は臭いの非常に敏感ですので行為をつづけることができなくなり、とても気まずい空気になりました。

その後、彼女に対する気持ちもすっかりと醒めてしまい、今後交際を続けることは不可能だと思い別れることにしました。

しかし「陰部が臭いから」とは決して言えず、「なんとなく合わないと思う」と終始あいまいな理由を告げました。

案の定彼女は納得せず、最終的には「やり捨てされた!」と激怒されました。

彼女が怒るのも無理もないと思いますが、それでも臭いのことは絶対に言えませんでした。

その後、紹介してくれた先輩にもそのように報告されてしまいました。

デリケートゾーンの臭いに限らず体臭は非常に難しい問題だと思います。

とくに陰部の臭いは深い仲にならないと確認することはできません。

お付き合いする前に臭いの相性がわかればいいのになぁ、と痛感する出来事でした。