陰部の黒ずみの原因とは?

陰部の黒ずみの原因を知ればどういう対策方法をすれば良いかわかります。

誰しもが普通に生活しているだけで、身体のデリケ-トな場所が黒ずんできます。

まんこが黒ずむ主な原因は、摩擦とムレです。

敏感な部分は、刺激を受けると黒ずみやすくなります。

通常ならば、新陳代謝による肌細胞の生まれ変わり(タ-ンオ-バ-)で垢として自然に体外に排出されますが、女性ホルモンのホルモンバランスが崩れていたり、新陳代謝に異常をきたしていたりすると、排出が順調に行われない状況が出来て、メラニン色素が蓄積してしまい、黒ずみになります。

女性の陰部は、下着との摩擦やムレが毎日続いているので肌を擁護する為に体内でメラニン色素が生成され生成された分黒ずんでしまいます。

なのでしっかりした対策をしないといけません。

デリケ-トゾ-ンの肌はその名の通りデリケ-トに出来ている為身体の他の部分よりも黒くなり易い場所です。

ショ-ツの脱ぎ履きだけでも摩擦となり得ますので、通気性の悪い物や蒸れ易い物は刺激が増大します。

入浴の際にデリケ-トゾ-ンを普通の殺菌力の強い石鹸を使用して洗うと悪い菌を退治してくれる常在菌まで殺してしまい、生理の時などに経血による雑菌の増殖が増え、肌に刺激を与え易くなってしまい炎症を伴う場合も有り、黒ずみが悪化する可能性が増えてしまいます。

又、ナプキンなども物によっては雑なる為肌にダメ-ジを与えます。

入浴の後にゴワゴワのタオルでデリケ-トゾ-ンを拭く事も刺激となります。

衣服もゴムがきつい物やサイズが合わない物など肌を刺激する素材の物は黒ずみの原因となります。

ホルモンの乱れを誘発するストレスが溜まるとホルモンバランスを崩してしまい黒ずみの原因ともなり得ます。

アンダ-ヘアも同様に肌に刺激を与えますので、刺激を与えない様に手入れされていない場合黒ずみの原因となり得るのです。

不健康な生活もホルモンバランスを崩す要因なので黒ずみの原因となります。

又、男性との性行為も当然摩擦を要する行為で、回数に比例して黒ずみも増大する事になります。

人それぞれですが、行為の仕方によっては沢山の刺激を受ける場合響を受ける事は必定となります。

陰部の黒ずみを解消するにはどうすればいいのか?

黒ずみの改善方法は、

  • 新陳代謝をしっかりさせる事
  • メラニンの生成を極力減らす事
  • 保湿して乾燥を避け、黒ずんだ部分を美白する事


これをやればいいだけです。

具体的にどうすればいいのかというと

自宅で簡単に始められる事

まずは、生活習慣として食事でホルモンバランスを崩さない様にすることです。

きちんとした食事で時間も夜遅くに食べるなどをしない規則正しい生活を心がけます

それなりの運動も必要で便秘などに掛からない様に腸内環境をきちんとしてヨ-グルトや味噌など酵素の有る食品できちんとした新陳代謝を促し、肌荒れを防ぐ事も重要です。

睡眠もホルモンなど影響が出ますので規則正しい生活は全てに共通の必要なケアに含まれます。

次にストレスを発散させ心も含めた肌に影響を残さない生活が大切です。

下着や服装も自分のサイズに合い、通気性の良い物でナイロンよりは自然素材の絹や麻などの物でお肌に良い物を着ける事が重要です。

アンダ-ヘアのお手入れもむだ毛を無くし肌を刺激しない様に気を使います。

ここまでは、自分で気をつければすぐにでも出来てしまうと思います。

一番重要なのが、日ごろの陰部のお手入れ方法です。

毎日の陰部の洗い方が間違っていると刺激してしまい、黒ずみがひどくなってしまいます。

刺激の少ない正しい洗い方は、石鹸を泡立てて、陰部から肛門に向けて指の腹で優しくマッサージするような感じで洗います。

何回も洗うと刺激になってしまいますので、手際よく洗う感じがベストです。

それで、黒ずみが気になる部分にいきわたったら5分位成分の浸透を待ち、刺激の少ないぬるめのお湯で綺麗に流します。

石鹸の流し残しがあるとそれも刺激になるので綺麗に流しましょう。

入浴の際の石鹸は、

  • 黒ずみ防止成分の入ったもの
  • 保湿や美白成分が入ったもの
  • 刺激の弱い弱酸性のもの
  • 常在菌を凝らさないで肌に負担がかからないもの

を選びましょう。

ハイドロキノンやピ-リング剤、ヒルドイドロ-ションやワセリン軟膏配合のものは新陳代謝を促進してくれますが使用に関してはきちんと理解して使用しないと返って黒ずみが増える危険性も否定出来ませんので使用する場合は用法を守らないと危険です。

ハイドロキノン効果は新しく生成されるメラニンを減少させ、元は黒く無かったメラニンの色を元に戻す力を持っており、酸化して黒くなった物を復元してくれます。

デリケートゾーン専用石鹸でこちらの商品であれば間違いないです。


  1. ジャムウハーバルソープ

    ジャムウシリーズで販売数281万個以上売れてる雑誌でも紹介された人気のデリケートゾーン石鹸です。

    リピート率NO1で、黒ずみ以外にもニオイの元も綺麗に洗い流してくれるので人気があります。

    今なら1,895円(税別)で、ジャムウハーバルソープ、泡立てネット、お試しコスメが付いているのでお得です

    ジャムウ・ハーバルソープの詳細はこちら

  2. その他にもこちらでデリケートゾーンの専用石鹸の紹介をしていますので参考にしてみて下さい。



    黒ずみと臭いの対策ソープはこちら!



    デリケートゾーンの石鹸以外にも、クリ-ムも良い製品もあり、塗ったら即に白くはなりませんが、1~2ヶ月継続的に使用する事で徐々に効果を上げる物も有りますので、併用したりするのもおすすめです。

    使用方法は一日数回、黒ずんだ部分に塗布すると言う単純な物なので継続的に続け易い手段です。

    製品によって様々ですが、デリケ-トゾ-ン専用だけにお肌に優しい成分ばかりで、天然成分の物が多く医師の処方の物に比べるとお値段は格安で使用出来ますが、即効性は無く、継続する事が必要です。

    携帯にも便利で何処にでも持ち運べますし、ほとんど塗るだけなので、トイレのついでに使用出来る手軽さは継続する立場としては大変助かります。

    クリーム系でおすすめなのがこちらになります。


    1. イビサクリーム

      気になる黒ずみに塗るだけで美白に近づくVIOラインの黒ずみ対策の人気商品です

      お客様満足度96.7%のデリケートゾーンの美白ケアで人気NO1

      デリケートゾーン以外にも乳首、脇、肘、ひざ等にも使えます。

      男性って黒ずみに対してあまり良いイメージがないので、美白対策は早いにこした事はないですね。

      イビサクリームの詳細はこちら

    2. あとの対策は、専門機関での治療になりますが、お金もかかりますし、恥ずかしい箇所を見られるのであまりおすすめは出来ませんが、参考までにご紹介しておきます。

      皮膚科や美容外科などの医療機関の使用

      普通は治療費が高額であったり、病気では無いので、恥ずかしい部所をわざわざ医者に見せたく無いと考える女性が大多数で、抵抗を感じますが、どうしてもと考える方も少数存在しますので、参考までに記述します。

      基本的に病気では無いので保険外治療ですが、一番安全なのがレ-ザ-治療で黒ずみのほとんどを解消する事が出来ます。

      レ-ザ-光線でメラニン色素の細胞を直接破壊します。

      皮膚表面に負担をかける事無く治療出来ますが、一回の施術では全ては除去出来ずに数回の施術が必要となります。

      値段的には一回1~2万円の費用を要し、それなりの高額になります。

      ケミカルピ-リングで酸によって古い確執と共に黒ずみを解消する方法が有ります。

      ピ-リング剤の浸透を高める為にタンパク質酵素を用いた前処理を行い天然のL型乳酸の作用で沈着色素を除去し肌の活性化を導きますが、皮膚が薄くなる事無く施術出来ます。

      費用は2~4万円で2~3週間に一度で5~10回の施術が必要です。

      前述のハイドロキノンは医師の処方が必要でメラニン色素そのものの活動を停止させる事が出来て、美白効果が高いのですが、強力な漂白効果の為、副作用の危険性を孕んでいます。

      肌に浸透しにくい性質でトレチノインとの併用によって浸透力を高め新陳代謝を促す相乗効果を得る事が出来ますが、一月3~5万円で2~6ヶ月の長期を要します。

      小陰唇縮小手術はメスにより膣の周りのビラビラの部分に直接切開を施し、ビラビラごと黒ずみ部分を取り去りますが、一回の費用が約25万円掛かります。

      傷跡が残る可能性も有り、ビラビラの左右が統一状態にならず再手術のリスクも歪めませんので黒ずみだけで手術する事は奨励致しかねます。

      陰部が黒くなっている女性を男性はどう思っているか?

      男性の年代や黒ずんでいる女性の年代や容姿にも寄りますが、若い男性が若い女性のデリケ-トゾ-ンが黒い事を認識した男性は、まず随分男と遊んでいる女性と感じます。

      男性経験が豊富で、若い性欲を発散し続けている、俗に言うヤリマン女性と認識しがちで、男性関係にだらしないと感じてしまいます。

      たとえ本人がほとんど遊んでいなくても、見ただけで決め込んでしまうのがそう言う状況の場所での男性の本心なのです。

      基本、男性は視覚から入る生き物なので、見た目は男性には非常に重要な意味を持っています。

      その女性が見た目が余り男性が近寄らない感じの人だと、不潔な女性と感じるか、生活的にだらしないと感じます。

      身体だけでなく部屋や色々な所に手いれが施されていないイメ-ジです。

      逆に有る程度の年齢を重ねている場合は、性に関して相当の手練手管を持っているか、風俗の人かと思ってしまう事が多いです。

      男性がそこそこ齢を加えていると、手入れの出来ないだらしない女性か、余程性に関しての経験を持っている人と考える事が多いです。

      経験の量に関しては男性側の好みも有るので一概には言及出来ませんが、基本男性は出来るだけ無垢な女性を求める確率が高いので、黒いよりはピンクを求める傾向が強く、女性にとってはマイナスになる可能性の方が大きいです。

      性的に相手する分には良いかも知れ無いが、結婚したいと思う事は難しくなってしまいます。

      遊びの相手としては最高などとフザケタ考えを持つ男性も居ないとは断言出来ません。

      黒ずみを解消出来る術が有る事を知っている男性は出来れば解消して欲しいと言う意見が大多数に登ります。若い男性の半数以上が黒ずみをケア出来る事を知らないので、嫌悪感は若い男性程大きいのです。

      勿論、有る程度の年齢の男性も、ケア出来る所を怠っている状態で自分に接していると考えられるとすればいい気分になる筈も有りませんし、好きな女性に奇麗で居て欲しいと思う心は誰しもが同じだと言えます。

      又、自分に好意が有るのならきちんとケアして居て貰いたい物なのは世の常です。

      やはりだらしのない女性よりもきちんとしている女性が好感が持たれます。

      顔のメ-クや服装もそうですが、お互いに服を脱いだ関係なのでより親密で共有する空間で少しでも美しく居て欲しいと願うのは当然の想いなのです。

      男性的には、デリケ-トゾ-ンをケアしてくれると嬉しいとの意見は、勿論大多数に登っています。

      普段は見せない身体の場所なので、まぁいいやと、無視しがちな場所ですから手を抜きがちになるのは判りますが、いざと言う時に好きな男性に指摘され、確認してその黒さに驚く悲しい女性は少なく有りません。