あそこがチーズ臭い原因は?

女性によっては、あそこからチーズのような悪臭が生じている事もあります。

それで本人が悩んでいる事も多いのですが、原因はデーデルライン桿菌と呼ばれる菌なのです。

いわゆる乳酸菌の1つですが、実はそれは陰部が正常な状態である事を証明しているのです。

陰部を保護してくれているデーデルライン桿菌

陰部には、様々な菌類が常駐しています。それ自体は、別に何も問題はありません。

そもそも陰部という箇所は、何とかして保護する必要はあります。人間の数あるパーツの中でも、とてもデリケートだからです。万が一そこに何かの問題があると、色々と困った事になるでしょう。

それで陰部に対しては、外的な脅威があるのです。様々な脅威によってダメージなどが生じてしまう事はあります。

その様々な脅威から守ってくれる菌類が存在する訳ですが、その1つがデーデルライン桿菌という事になります。

体を守ってくれる菌類なのですから、いわゆる善玉菌なのです。

乳酸で健全な状態なのでチーズのような臭いがある

それで乳酸菌の1つである以上、もちろん乳酸が生成されています。

それでデリケートゾーンが酸性で保たれると、正常な状態になりやすいのです。

ただし乳酸というのは、若干の臭いもあります。いわゆるチーズのような悪臭というのは、たいてい乳酸に起因している訳です。

逆に言えば、チーズのような臭いがなければ、デリケートゾーンは状態があまり望ましくないとも言えます。善玉菌が生息していない訳ですから、状態が悪くなってしまう事はあるのです。ですからチーズのような臭いがあるのは、実は健全なのです。

つまり「健全な状態」なのが、チーズのような臭いの原因という事になります。

あそこがチーズ臭い時の対策方法は?

デリケートゾーンから悪臭が生じている以上は、何らかの手段で解消したいものです。

それにも複数のポイントがあり、清潔感や交換頻度などがあります。

臭いの強さと清潔感の関係

悪臭は、やはり清潔感と大きな関係はあるのです。当然ですが、デリケートゾーンの周辺があまり清潔でない状態になれば、臭いの程度も強くなってしまいます。

もちろん清潔な状態でしたら、臭いの程度も抑えられる訳です。ですから臭いを抑えたいなら、清潔感を意識する必要があります。

オリモノ用のシートを着用するべき

デリケートゾーンが清潔な状態になるか否かは、付着物に左右されるのです。

特に下着に何かが付いてしまうか否かは、清潔感には大きく関わってきます。

例えばオリモノです。当然それが下着に付着したままの状態ですと、デリケートゾーンはあまり清潔でなくなってしまいます。

このためおりものシートなどの着用が望ましいでしょう。
そのシートを使用して、できるだけ下着にオリモノが付かないように工夫してあげれば、臭いの程度は軽減される傾向はあります。

適度な頻度で交換するのが望ましい

清潔感が保たれるか否かは、交換頻度に左右される傾向があるのです。

そもそも特にチーズのような臭いが生じていなくても、交換頻度は大切なポイントになります。

極端な話ですが、下着などを全く交換しなければ、自然と悪臭の程度が強くなってしまう訳です。

そこそこの頻度で、交換する必要はあります。

もちろんオリモノ用のシートも、それは例外ではありません。

交換をしてあげれば、悪臭の程度も軽減される訳です。とてもシンプルな話なのです。

数時間に1回くらいは交換する

どれ位の頻度かは、人それぞれ考え方はあります。

ただ確実に言えるのは、できるだけ細かく交換するのが良いという点です。

一般的には、オリモノ用のシートを数時間に1回くらいの頻度で交換してあげれば、チーズのような臭いの程度も弱くなると見込まれています。

あまり頻度が多いのも大変ですから、適度な頻度でシートを交換してあげると良いでしょう。

ウォシュレットを使用するという臭い対策

チーズのような臭いの程度を弱くする対策は、他にもあります。

トイレでの洗浄方法などは、1つのポイントになるのです。

上記でも触れた通り、デリケートゾーンが清潔な状態である事が、臭いの程度を弱くしてくれる訳です。

その一環として、ウォシュレットが使用される事があります。
ウォシュレット以外の手段でも、ある程度はデリケートゾーンを清潔にすることは可能です。

しかし、やはりウォシュレットを使ってあげる方が、清潔感は高められる傾向はあるのです。

最近では、携帯できるウォシュレットなども販売されています。

普段から仕事の最中に、それでデリケートゾーンを清潔な状態にするよう意識してみるだけでも、だいぶ悪臭の軽度も変わってくる傾向があります。

臭いの強さと湿度との関係

悪臭の程度は、湿度とも大きな関連性があるのです。

そもそも身の回りの場所を観察しても、それは明らかです。

総じて湿度が高めな場所は、悪臭の程度も強い傾向があります。

湿気が多い場所ですと、独特の臭いが生じている事も少なくありません。

逆に湿度が特に高くない場所でしたら、目立った悪臭なども生じづらい傾向があります。

湿度と臭いとの間には、密接な関連性があるのです。

なるべく乾燥させるのが望ましい

上記のチーズのような悪臭には、湿度も大きく関わってくる訳です。

やはり湿気が多くなってしまいますと、デリケートゾーンからの悪臭は程度は強くなる一面はあります。

それを考慮しますと、その箇所は乾燥させる必要があります。

湿気を抑える為の工夫をするだけでも、悪臭の程度が軽減されると見込まれる訳です。

ちなみに人によっては、下着を着用していない事さえあります。

夜間に眠っている最中は、あえてそれを着用しないという選択肢もあるのです。

それも実は悪くない手段と言えます。

それを着用していなければ、必然的にデリケートゾーンの湿度も低くなりますから、悪臭の程度も抑えられると見込まれるからです。