女性にとってはあそこがにおうっていうのは本当に嫌なものですよね。

デリケートなところからの臭いというのは、やっぱり恥ずかしいものですしに追ってしまうと他人の印象というのが悪くなってしまいます。

そういった臭いの中の原因となるものの代表としてマンカスというのは本当に困りものです。

洗ってもなかなか落ちないし、なにせものがものですから不潔な感じがよりして恥ずかしさも大きいものですから。

他人に相談なんて言うこともなかなかできにくいものですよね?

そんなマンカスについてどうしてたまってしまうのか? またその対策や予防策についてどんなふうにすればいいのか?

それらを紹介していきたいと思います。

どうしてマンカスがたまってしまうのだろうか?

マンカスというのは、そもそもオリモノや古い角質、尿などが混ざってできる固形物です。

色については白色や黄色い物質でできていることが多く、チーズやヨーグルトのような見た目をしています。

このマンカスについては、しっかりと掃除ができていればなかなかたまらないものですが、ビラビラの部分など拭き残しがあったりしますとその部分には先に書いたものがたまってきてしまいます。
 
マンカスは、色々なものが混ざっていかないとできないものですので、混ざらないようにすればまずほとんどできません。

ですが、日ごろからのケアがうまくいっていないとたまってきてしまうというわけなのです。

正しい洗い方というのはどうすればいいの?

まず洗い方の前にマンカスは、実は意外にも洗ってもなかなか落ちにくいのっていうのはご存知でしょうか?

ビラビラの部分や溝になっている部分というのは洗いにくく、あまり強くやりすぎるとかえって皮脂などが出やすくなったり場合によっては傷つけてしまいます。

デリケートな部分ですから傷ついてしまうとしばらくは痛みで洗うことも難しくなるでしょうし場合によっては感染症もあり得ます。

そうならないためにも洗い方というのはかなり大事です。

そんな洗い方についてですが、洗うためにはできれば専門の石鹸などを使いましょう。

専門の石鹸などでありますと、デリケート-ゾーンを洗うためにも優しい成分を使っていますから肌を傷つけたりしにくいようになっています。

通常の市販のボディーソープですとあそこにはかなり刺激が強いものもありますので、できればそういったものを使わないようにしましょう。

また、実際に洗う方法としては、もちろんごしごし洗うようなまねはしないようにしてください。

爪を立てないで、指の中原部分あたりでゆっくりとマッサージするかのように洗い、なるべく大きな刺激を与えないようにします。

こうやって洗うことによって、傷つけないだけではなく、細かい溝の部分などの汚れをゆっくりと押し出すことができます。

あとは、石鹸を洗い流す時にはシャワー程度の弱い水流でゆっくりと流すようにしましょう。

マンカス自身がたまらないようにする方法ってないの?

正しい洗い方というのも大事ではありますが、できればマンカス自体がたまらないようにすれば、臭いも出にくいですし臭い自体を未然に防げれば対策もかなり楽になるでしょう。

マンカス自身やにおいを出さないようにするために有効な手段としては、アンダーヘアをなくすという手段が挙げられます。

やはり、アンダーヘアがありますと毛に汚れがくっついていたり、汗や尿などがついていることによってマンカスの原因となる物質がデリケートゾーン付近にたまりやすくなります。

ですが、あらかじめそっておけば水分などはたまりにくい状況を作ることができますので、マンカスの原因となるようなものを減らすことができ、臭いも少なくなります。

全部剃るのはさすがに恥ずかしいこともあるかもしれませんが、形を整えたりする方法で毛を残したりというのでも効果はある程度はありますので、自分でどんなふうにそるのかを考えながらやってみるといいでしょう。

また、かなり直接的な方法としては、膣内洗浄という方法もあります。

先ほど紹介したような方法だけでは、デリケートゾーンの表面をキレイに洗鵜ことはできますが、膣内の分泌物などにはうまく作用しないこともあります。

マンカスの原因には、膣内で出るおりものについても原因となりますので、これが多かったりするときにも恥垢が増えてしまうこともあり得ます。

膣内戦場は、産婦人科で行うことも可能ですが、市販のものでジェルを使ったものを直接入れて洗うことも可能です。

特に、免疫力が低下していているときには、自然に膣内の状況がよくなるようなことはありませんので、膣内洗浄をしてマンカス自体をたまらないようにして、臭いを防止するしかないと思われます。

デリケートゾーンの汚れというのは洗うのも結構大変ですし、悩みがあってもなかなか相談できないという色々な意味で厄介な部分です。

だからこそ、なるべく自分の力でじっくりと対策ができるようにしっかりとした洗浄方法を実践し、なるべく臭いが出にくいような方法を取ってマンカスを予防していきましょう。