私がデリケートゾーンの臭いの気になり始めたのは、会社に就職してほぼ9時から5時までずっと同じ姿勢で過ごすデスクワークを始めたことがきっけでした。

私は、現在33歳の会社員ですが、電話オペレーターの仕事をしていて、トイレ休憩やお昼休みなどを除いてほご座りっぱなしの仕事です。

そのため、これが原因でデリケートゾーンの臭いが悪化したことが考えられます。

美容脱毛でデリケートゾーンのムダ毛ケア

まず、20代後半のころに、どうしても臭いが酷くなり我慢できなくなってきたので、VIO脱毛をすることを決意しました。

それまで、自宅の自己処理で済ませていたのですが、どうも人に聞いたところによると、間違えた自己ケアでさらに臭いが酷くなると聞きました。

これはダメだと思い、早速美容サロンでカウンセリングを受けて、デリケートゾーンの脱毛をすることに決めました。

やはり、部位が部位だけに、正直とても抵抗があったのですが、仕事でずっと座れている時に、隣の人に臭いが気づかれているのではないか気になって、毎日の毎日気が気ではありませんでした。

それで、思い切ってカウンセリングをうけたところ、エステティシャンの方から、特にこちらから聞いたわけではないのですが、“ムダ毛を処理するとデリケートゾーンが清潔に保てますので、ニオイや黒ずみなどにも効果ありますよ”と言われて、思わず、それならやろうと心のなかで喜びの声をあげ、早速脱毛施術をしてもらいました。

VIOのみで半年ぐらいかかりましたが、無事に終えることができました。結果のほうは、微妙な気がします。

臭いが無くなったという実感はそれほどなく、むしろあるべき場所にあるべきものが無くなってなんとなく違和感がしばらく続きました。

Iゾーンはある程度の効果があったのかもしれませんが、脱毛が直接臭い対策によいかは疑問でした。

彼氏に指摘されてデリケートゾーン専用ソープを使ってみた

実は、彼氏に臭いのことをやんわりと指摘されてすごくショックだったことがあります。

なんでも洗いざらい言い合う関係なので、言ってくれたようなのです。

もちろん私が聞いたのいやいや答えてくれたようなかんじなので、“臭いよ!”というようなものではありません。

“今日、臭い大丈夫?”と聞いたら、“うんそれほど気にならないけど・・・、少し・・・”という具合です。

私が使った次の手段はデリケートゾーン専用ソープです。

こちらはデリケートゾーン専用のソープでお肌にはすごく優しいようで使い心地はよかったのですが、臭いについてはこれも劇的によくなるといものではなかったです。

私が試した2つの方法とも、全然効果なし!とは言いませんが、やはり仕事中は今でも臭いが気になりますね。

今悩んでいることとしては、臭い+黒ずみもあるので、この2つを一緒に解消したいです。


あそこのニオイを抑える人気の商品!