34歳の主婦、女性です。

30代になり、出産を経験してからというもの、体にさまざまな変化を感じるようになりました。

特に出産後から一年くらいしてからは、陰部のにおいが気になるようになりました。

具体的に陰部のにおいが気になった出来事というもの、普段トイレに入った時はもちろんのこと、買い物に出かけ、物を取ろうと少ししゃがんだ時などに陰部のにおいが気になるようになりました。

自分自身でも分かるくらいにおいが気になるので、「もしかしたら他人からもこのにおい思われているのではないか?」という不安を持つようになりました。

「他人から陰部のにおいのことを指摘されるのではないか?」といった不安から、あまりお出かけを楽しめなくなり、困っています。

毎日トイレへ行くことは欠かすことができません。

トイレへ行くたびに、陰部のにおいが気になってしまいいつも嫌な気分になります。

出産前はそのようなことがあまりなかったので、出産してから自分の体質が変わってしまったのかなと、非常に残念な気持ちでいっぱいになります。

出産後の陰部のにおいが気になるようになったので、におい対策を行うことにしました。

具体的には、まず手っ取り早い方法として毎日の入浴でしっかり陰部を洗うことにしました。

ですが、陰部を洗い過ぎても良くないと何処かで聞いたことがあったので、適度だけどしっかり陰部を洗うことにしました。

また、なるべく自分の好きな香りのボディソープを使用し、洗い上がった後も良いにおいがするように洗いました。

次に、陰部のにおいがこもらないように、通気性の良い下着などを使用して陰部のにおい対策を行いました。

さらには、おりものシートを常に利用し、おりものシートでもにおい付きの香りが良いおりものシートを使用することにしました。

その二つの方法を実践してみたところ、以前のようにトイレで毎回自分の陰部のにおいが気にならなくなりました。

また、買い物などのお出かけをする際、しゃがんで何かの物を取ろうとしたときに陰部のにおいがそれほど気にならなくなりました。

他人から指摘されるのではないかという不安もなくなりました。

陰部のにおいが全くなくなったという訳ではありませんが、におい対策を行い陰部のにおいが気にならなくなったので本当によかったです。

これからも陰部を清潔に保つように心掛けつつも、おりものシートなどをうまく活用し、陰部のにおい対策をしっかり行っていきたいなと思います。


あそこのニオイを抑える人気の商品!